2013'11.12 (Tue)

90・・・99・・・990・・・・・・

geki_Do_yamakazan.png
「この裏切り者・・・っ!!」

一つの居場所に止まらず、
さまざまな場所を旅し行くのも良いが、
思わぬ恨みを買われる事があるのも、また事実である。


web拍手 by FC2

【More・・・】



決して、裏切ったわけではない・・・
「まずは軍資金を・・・・・・」

理由はともあれ、結局やってる事って、目の前の現実から目をそらし、
楽な方へ逃げていただけ、なのかもしれない。







背教者には裁きの鉄槌を

それがここの掟だった



火山に逃げ込んだのなら、そこで焼け焦がれろ


in_thr_vol.png
燃え盛る炎のように情熱的で、野蛮な火山周辺の民族。
そこの対になるかのように、隣には氷山がそびえ立ち、氷山周辺にもまた、一つの集団があった。

また、そこで取れる鉱石のうち、ダイヤモンドが圧倒的に多く、かつ質も良いのが採れるの、いつしか「ダイヤ族」とも呼ばれるようにもなった。
彼らは定期的に山の間で祭りを行っていた。
二つの民族がそれぞれの特権であるマグマと氷を使った祭りらしいが・・・・・・





茶番乙
cha_ban_10_1.png

「だから・・・この水平器を使ってだな・・・」


馬鹿か。
 そんなもので、「あの激KAZAAAN!!」は攻略できると思ってるの?」


「できる!私ならできるよ!!
 あんなの、傾きを読みとって
 いちばん2段目に入りやすいSt.を探せばいいんでしょ!?」


「それで2段目にダイヤが連続で刺さったのでしょう?
 そうでなくても「×?」で1倍が出た瞬間に、ティフィの実力では無理だった」


「ぐはっ」


「激KAZAAANでのあなたの一番の敗因は、深追いしすぎたことね。
 『過ぎたるは猶及ばざるがごとし』とはよく言ったもの」


「でも、一度+になったら、まだいけそうなもんでしょう?
 音ゲーみたいに」


「・・・それ、ギャンブルの罠にはまった典型的な例だぞ」








「・・・・・・」

「・・・・・・」

「リリ、1段目UP入ったよ」

「・・・じゃあすぐに回転速度が変わるから・・・速い速度でのUP率が高いSt.で」




「それにしても・・・アイドルタイムでの『独占』とは、良く考えたものね」

「マジでやるなら、これくらいはしていかないと」



3時間後―




「あっ」


「「「き・・・」」」

jp_fujiyama_poteto_volcano.jpg
「「「「きたーーーー!!!!」」」」


「さて帰るか」


「JP取得後は、ペイアウト率にもよりますが、
 基本的に2段目の×?ポケットで1~3倍の状態になります。
 そうなったら打ち止めが良いでしょう」



ちなみに、99枚にしなかったのは、
「射出時の音がうるさかったから」らしい。

×100で妥協したのは、
「×300は条件が重ならないと絶対に発動しないから」らしい。
(×30 or ×300ポケットは、
 3段目のHOLD状態によっては絶対に×30になるらしいから)

氷山やりたい。
ポケダン的(だいひょうざん さいじょうぶ)にもだな・・・・・・
23:30  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/990-c736d4e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |