2012'09.01 (Sat)

EX-2「レバーの持ち方」

自分のレバーの持ち方について、今一度確認してみたら、一つ思ったことがあった。
今回は、その事について簡単にまとめていく。

自分のレバーの持ち方は今まで下からすくうワイン持ちだと思っていたが、厳密にはやや違うのでは・・・と思っていた。
とはいうのは、この持ち方の欠点として、「腕」を使って操作するため、疲れやすい・・・、という説明をよく目にする。
しかし、自分の手は一向に疲れない。むしろ目が疲れる。これはどういう事なのか。
気になったので、自分の持ち方を写真に写してみた。

MB_normal.jpg
通常時

MB_right.jpg
右操作時

MB_left.jpg
左操作時

と、中指と薬指で挟む持ち方は下からすくう持ち方と似ているが、親指の位置がちょうどレバーの頂点に乗っている。
そこから左右操作には主に親指のグリップで操作していることがわかった。
これを例えると、携帯ゲーム機のスティック操作だ。
あれは親指のみで動かしている。家庭用や体感ゲームしかやっていない人ならではの操作なのかもしれない。

利点は、とにかく疲れない。親指のみで動かすので無駄な動きがなく、筐体にも優しい。
もう一つ、細かい操作が効くという事。
マジカルビートは、1つのビートンを落とすのに最高でもレバー操作は2回しかしないのである。
(操作エリアで迷って右往左往せず、最短で操作した場合)
それも、右左しか入力しない。上下すらも不要なこのゲーム。
そうした、不要な操作をそぎ落とした結果が、親指操作である。
よって、無駄な動きの少ないこの特殊(なのか?)な持ち方はマジカルビートでは有効かもしれない。

欠点・・・他のゲームに応用が効かない事だろうか。
実際格闘ゲームでこれやったら、左向きで昇龍拳が見事に出なかった。おそらく自分の技量不足だろう。

他にもさまざまな持ち方を試そうかと思うが、これに落ち着きそうだ。
細かい操作が凄くやりやすい。右右CCAが1拍以内でできる時がある。


需要があるのかわからない講座だが、とりあえずだらだらと続けて行こうと思います。
もっと綺麗にちゃんとまとめてくれる人が出てくるよきっと!!
web拍手 by FC2
20:00  |  マジカルビート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/728-eb8c4dbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |