2012'08.18 (Sat)

第11回「収録曲」


「こんにちは!ティフィです!
 ついに今回でマジカルビート11回目!まさかの2桁目!」


「最初の方はシステム面しか説明してなかったから、
 これからは実戦でどう勝つか・・・、といった事にも入り込んでいきたいわね」


「ですが!・・・今回も・・・システム・・・っ!と言うのは微妙かもしれませんが、
 マジカルビートで流れる「曲」についてです」


ティフィとイナバのマジカルビート日記
第11回『収録曲』




「マジカルビートには、プレーするための曲が沢山あるのです!!
 その総曲数は29曲!!(2012年8月上旬時)」


「内訳は・・・・・・、
 きくおさんによる書き下ろし曲が、10曲
 Joe Down Studioからオリジナル曲が、6曲
 TRG303からオリジナル曲が、1曲
 「ブレイブルー」のBGMが、12曲・・・です。
 これが多いか少ないか・・・それは受け手によって変わってきそうね。
 このゲームで特に気にしてほしいのが・・・BPMです。
 前にちょっと話した通り、BPMとは、曲の速さを数値化したものです
 基本的に数字が大きいほど、ゲームスピードは速いです」


「そんでもって、今収録されてる曲とBPMをまとめたものがこちらになりま~す!!」

黒字が、きくおさん描き下ろし
蒼字が、ブレイブルーのBGM
緑字が、その他
【※追伸※】2012/11/15
表にはUWAUWA-FINK GOGO(BPM110)と書いてありますが、
正しくはUWAUWA-FUNK GOGO(BPM110)です。
誤表記大変失礼しました。



「ちょっと画像が大きいので、クリックして拡大してご覧くださいね」


「こうして見てみると、まず一つ、気が付くのがありますね・・・
 BPM120~150の間だけで曲数が14曲あるのです
 つまり、ランダムで選曲された時は半分の確率でこのテンポの曲が選曲される・・・」


「現行のバージョンでは、デフォルトではランダム選曲はないですが・・・念のため」


「中央部から大きく外れた所にも曲があるのね。
 つまり・・・速すぎる曲と遅すぎる曲もあるって事ね
 自分の戦略に合わせた曲を選ぶも良し、好きな曲を選ぶのも良し・・・」


「このBPM表を参考にして、お気に入りの曲を探す事から始めてみてはどうでしょう?」




「BPMが速いほどゲームスピードは速くなる・・・と」
web拍手 by FC2

【More・・・】


「って・・・アンタたち誰!?」


「誰・・・て、君と同じウサギじゃないか?」


「私・・・こう見えてもウサギじゃないです」


「まあまあ。
 私たちはただ対戦相手を探しに、遊びに来ただけだから」


「・・・その見慣れない服装・・・見るからに怪しいのですが。
 そして、その毛玉みたいな生き物も」


「!?」




「ちょ、ちょっと・・・!
 この方たちは別に危害を加えそうな感じじゃないわ!」


「そんな事言ったって~・・・」


・・・!!


・・・??


「どうしたの?アリス?
 そんな緑色のウサギなんか見つめて」


「ねえ・・・あなた、名前はなんていうのかしら?」


「えっ・・・?
 わ、私はグリウサって言うんだけど・・・」


「・・・ねえリリ、こんな奇跡もあるのかしら?」


「ああ・・・あるもんだね・・・・・・」


「んぅ?」


「ふぅん・・・なるほど・・・・・・」


「今日、今まさにここ、二つの星が一点に集う・・・・・・」


「まあ・・・いずれ分かることだわ」


「『いずれ』って、いつだよ・・・?」


「そんなの私にもわからないわ。
 ただ一つ言えるのは、今後も絶対、会うって事




「あのー・・・・・・
 シリアスな展開なところ悪いのですが・・・・・・
 ちょっと、尺が・・・あの・・・差し迫ってきたんじゃないかと」


「そうね。また、お会いしましょう。
 その時こそは必ず、ビートバトルしましょうね」


「はーい」









「やっぱり・・・私も、知ってるのかな・・・?
 かすかに感じた、あの懐かしい春の香りがしたのは・・・なぜ?
 ・・・何も知らないのが怖いわ・・・・・・」

17:00  |  マジカルビート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/708-548076c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |