2012'08.08 (Wed)

第8回「連鎖の組み方」


「こんばんは!ティフィです!
 今回は、前回の続きです!」


「前回・・・と言えば、私が宿題を出しておいたわよね。
 ちゃんとやってきたのかしら?」
MBwI_037.jpg
【問題】
このような状態の時、次のビートンはどこに落とせば連鎖になるでしょうか?
できるだけ多くの通りを考えてください。



「ふふふ・・・見てなさい。
 なんと!そのままストーン!!って落とす以外にも5通り見つかったのよ!
 今から披露してみせるわ・・・!」


まずは・・・回転させないで落とす場合よ!
MBwI_044.jpg MBwI_042.jpg MBwI_043.jpg


そのままの向きで落とした場合、なんと場所をずらすだけで・・・
 計3通りの形が見つかりました!」


次に・・・、左回転した時(Bボタン1回)よ!
MBwI_045.jpg MBwI_046.jpg


「ちょっと複雑になったけど、よ~く見れば、ちゃんと連鎖してますね!
 計2通り、発見しました!」


お次は、さらに左回転した時(Bボタン2回)よ!
MBwI_047.jpg


「う~ん、青いビートンは消せそうだけど・・・・・・
 この方向ではどこに置いても連鎖しないですね>_<」


最後に、左回転を3度・・・つまり右回転した時(Cボタン1回)よ!
MBwI_048.jpg


「今度は・・・なんと!青いビートンが1連鎖目に来ちゃいました!
 でもちゃんと2連鎖しますよね!?1通り発見しました!」



「・・・ふーん」


(ドヤァ・・・)


「まちがい。BAD!」


「えぇ~~!?せっかくここまで考えてきたのに?」


「どうしてそこまでやったのに、これが出てこないわけ?
 右回転(Cボタン1回)の場合は、もう1通りあるでしょーが・・・・・・」
MBwI_053.jpg


「し、しまった・・・・・・」


「・・・7通り全部考えろ・・・とまでは行きませんが、
 たったこれだけの数のビートンでもこれだけのパターンがあります。
 実戦でのビートンの置き方は無限大と言っても良いでしょう」

MB_tify08.gif
「・・・ふーん?」


「でも、実際に試合が進んでいくと、
 周りに不要な色のビートンや、ジャマービートンがくっついていたりしますよね。
 そうなると、連鎖させるための置き方は制限されてきます


「ビートバトルの世界もキビシイのね・・・・・・」




「ではっ、もしもさっきの状況で、最下段に一段分ジャマーが敷き詰められたとします。
 こうなると、どの置き方で連鎖が成立しますか?


(長考中・・・・・・)






「あれ・・・?上の図では①の置き方でしか連鎖が成立しない・・・?
MBwI_049.jpg → MBwI_052.jpg



「そうです。
 さっきまでは連鎖させるのに7通りの置き方ができたのに、
 たった1段、キレイに敷き詰められただけで1通りでしか組む事ができなくなりました。
 本当に1通りだけなのか?試しに②の置き方をしてみましょう」
MBwI_050.jpg → MBwI_051.jpg


「・・・うん、ジャマーが消えた分、1段余計に下に落ちてしまったわ」


ジャマービートンは、隣接したビートンが消えた時に巻き込んで消える性質があります。
 ジャマービートン自体が幾つ繋がってても、ツナギタイムは発生せず、消滅もしません
 これらの性質のおかげで、連鎖を組む時には、ジャマーが消えた分も計算しないといけなくなります」


「うーん・・・なんか難しい!!


「連鎖のメカニズムは単純なのですが・・・
 その分たくさんのパターンがあり、非常に複雑な存在です。
 初めの内はよく分からなくても、やっていくと何となく2連鎖は自力で組めると思います。
 マジカルビートは連鎖ができないとお話にならない・・・というゲームではありません。
 連鎖は二の次・・・と考えても良いでしょう」


「そうですね!
 連鎖を考えているうちにビートンが弾けた!?なんて事があっては本末転倒ですもんね。
 まずは曲に合わせてポーン、ポーンと落としていくのが重要です!
 そうすると連鎖なんてものは後からついていきますよ!」


今回のポイント
・マジカルビートでは同じ状況でも何通りもの連鎖のパターンがある!
・ジャマービートンは、隣り合ったビートンが消滅した時にまとめて消滅する!
・連鎖よりも同時消しを意識した方が気持ちも楽だし、楽々ジャマーを送れるぞ!多分!


web拍手 by FC2

【More・・・】



「・・・今回もにごしてきたっ!!」


「しょうがないわ。連鎖はできる事に越した事は無いもの。
 マジカルビートでも例外ではない」


「・・・そうね。私も自由に連鎖が組めるようになりたいもの
 こういうのは、時間をかけてゆっくりと付き合うのが良いものよね」


「たまには良い事言うじゃない」


「なっ・・・!」


「複雑な物には、時間をかけて時ほどいていくしかないわ。
 大連鎖を組むのも、最初からできる人なんてできないもの」


「ちなみに、ここの管理人はあの音ゲーでは何連鎖まで組めるの?」


「アコール先生との一対一特訓で結構頑張ってたみたい。
 全盛期では10連鎖がMAX。でも今はまた階段5連鎖が限界って言ってたわ」


「・・・ふ~ん」


「理想はツナギタイム中に3連鎖まで組めれば良いんじゃない?って言ってたくらいだし、
 ヤツ自身も連鎖にはあまり固執してないようだし、ゆっくりと解説していきましょう」


「はーい」
23:50  |  マジカルビート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/698-022120d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |