2012'08.03 (Fri)

第6回「ツナギタイム応用編」



「「こんにちは。イナバ(柊)です・・・
 今回もツナギタイムについて、前回の続きです。
 今回は連鎖や、途中でBADやジャマーが落ちてきた時についてです」」

ティフィとイナバのマジカルビート日記
第6回『ツナギタイム応用編』
(特別講師:柊)



・連鎖時のツナギタイムについて


「まずは連鎖について説明します。
とは言っても、マジカルビートには連鎖という概念が存在しません」


「えっ?そうなの?『アレ』って連鎖じゃないの?」


「厳密に言えば連鎖ではない・・・という見解が現在は一般的だと思います・・・。
 まずはこちらの図を見てください」
MBwI_028.jpg


「これ、そのまま放っておけば2連鎖になるわね」


「そうです。普通の落ちゲーでは2連鎖が確定します。
 ですが、マジカルビートではツナギタイム中にもビートンが落とせてしまうため、
 緑色のビートンを右端に落としてしまうと1連鎖で終わってしまいます


「あっ、本当だ・・・!」


「この時、緑色のビートンを落とさなければ、ツナギタイムが終了した時は・・・」
MBwI_029.jpg


「このような形になり、ツナギタイムが終了したと同時に再びツナギタイムが開始されます。
 このゲームでの連鎖とは、ツナギタイムが継続した時の偶然の産物にしか過ぎないのです!」


「ひーちゃんカッコイイ・・・!」


「ですが、ツナギタイム継続によるジャマーの増加もあるので、
 ここでは便宜上『連鎖』という呼び方をしましょう。
 正直私もこっちの方がしっくりきます・・・!」


「そこでですが、連鎖をしたときのツナギタイムの時間はどうなるのでしょうか?」


「連鎖をした時のツナギタイムの猶予時間は、
 『前のツナギタイムでビートンが消えた後4拍のBEST判定まで』となります。
 これも分かりやすいように、簡素ですが図でまとめてみました」
MBwI_027.jpg


「まず、上の図で1段目は前回お話しした通りです。
 2段目を見ると、5拍目・・・つまり1段目の最後の拍とかぶっています。
 これには大きな理由があり、
 ツナギタイムが終了、連鎖のツナギタイム開始が同じ拍内で処理されてしまうからです」


「つまり・・・ビートンが消えたと同時に、新しくツナギタイムが始動するって事ね」


「はい、そういうことになります。説明不足ですみません・・・・・・」


「なぁに、そのための私がいるんじゃない。心配無用よ・・・!」


「イナバちゃん・・・!」




「「フフフ・・・・・・!!」」



連鎖時のツナギタイムで落とせるビートンの限界組数は5組になります。
 ですがこれは限定的な場合で、
 ツナギタイムの変わり目拍でBEST以前にビートンを落としていない
 かつ、連鎖時のツナギタイム終了拍に早めにビートンを落とす事で可能になります」
MBwI_031.jpg


「こんな状況の時ね。
 でもこれだと、1連鎖目では4組しか落とせなくなるわ。
 連鎖すると気持ち速くビートンが消えて、慌ただしくなった事がよくあるけど、
 これはツナギタイム終了と開始が同時に行われるからだったのね。
 1連鎖目で5組落とすか、2連鎖目で5組落とすか・・・これも大事になるわね」


「図でもわかるように、全体のツナギタイムの拍数は式にして表せます。
 (連鎖数)×4 +1 =(全体のツナギタイムの拍数)
 3連鎖なら13拍、6連鎖なら25拍もの間、ツナギタイムが継続します」


「おお・・・!これはすごいわ!
 ツナギタイム継続中はどんなに積み上げても窒息しないから・・・・・・
 25拍っていうと、かなり長い時間耐えられるわね」


「ちなみに余談ですが、25拍というと、
 TUNTUN-MOONLIGHT(BPM80)では18.75秒継続する計算になります」





・BAD判定後、ジャマービートン落下時のツナギタイムについて


「次に、BAD判定で偶然ツナギタイムが発動した時です。
 前回は『ビートンを落とした拍から後ろ4拍のBEST判定まで』と言ってましたが、
 BAD判定では、ほんの少しだけ違ってきます。ほんの少しだけ・・・・・・」


「とは言っても、実戦でBADなんか出したら窒息一直線なんだけどね。
 一応どういう挙動をするのか、だけは解説するわね」


「結論から言ってしまえばこうなります」
MBwI_030.jpg


「BAD判定でツナギタイムが発生した時は・・・
 『BAD判定発生後4拍のBEST判定まで』がツナギタイム猶予時間です。
 本当に、微妙にですが言葉が違ってきます・・・・・・」


「本当に微妙ね。
 じゃあ、上の図で、1拍目の前のBADエリアでツナギタイムが発生した時は、
 4拍目のBEST判定でビートンが消える
のね」


「はい。そうなります。
 また、仕様上BAD判定を取ってしまうと、約1~2拍くらい操作不能時間があります」


「BPMによる・・・って事ね。
 速い曲でやると、BADでグダってる間にツナギタイムが終わってしまいそうね。
 操作不能時間と言うと・・・ジャマーが降ってきた時にも操作できない時間があるわね」


「そうですね。ちょうど良いので途中でジャマービートンが降ってきた時も説明します。
 ジャマーが降ってきた時にも、操作不能時間があります。
 ですが、曲自体が止まる訳ではないので、ツナギタイム猶予時間自体は変わりません


「つまり・・・その操作不能時間の分だけビートンが落とせなくなる・・・って事ね。
 本来だったら5組落とせるところを、ジャマーの落ちた分の時間を差し引かれて
 結果4組分しか落とせなかった・・・なんてことが起きるのはそのせいね」


「実際にそこまで見守ってる暇は殆ど無いと思うので・・・参考程度にお願いします」




「あれ?となるとですよ・・・・・・
 連鎖直前のタイミングでビートンを落とし、突然ジャマービートンが落ちた時、
 ビートンが消えずにジャマーが落ち切るまで消えない現象があるわよね。
 その間に何拍か過ぎ去ってしまった場合、どうなるのかしら?」
【補足】画面青い帯が操作不能時間です。


「いい質問です。それは非常に良い質問・・・・・・。
 ですが、よほどの事が無い限り、ジャマーが落ちる時間は1拍以内で済みます」
MBwI_033.jpg

「5拍目にツナギタイムの継続点(2連鎖目)が来たとしましょう。
 こうなった時のビートンの処理の順番は次の通りです」

 ・5拍目のBRST判定直前にビートンを落とす
 ↓
 ・ジャマービートン落ちる(操作不能)
 ↓
 ・ジャマービートンが落ち切り、ビートン消滅(操作不能解除)
 ↓
 ・連鎖していれば、ツナギタイム継続



「殆どのパターンでは、これらの処理が1拍以内のスピードで処理されます。
 ですがですが・・・・・・
 BPMが200以上の高速曲で
 5拍目に早いタイミングでBADを出してしまった
 いくつかのタイムロスの原因があると、さっきの処理が1拍以上続く時があります」


「そうか・・・曲が速くなっても遅くなっても、落ちるジャマーのスピードは同じだから」


「結論から言えば簡単です。
 このように遅延してビートンが消えた時のツナギタイム猶予時間は、
 『ビートンが消えた瞬間から数えて4拍後のBEST判定まで』です」
MBwI_034.jpg

「あれ?1拍伸びた・・・?」


「そうなのです。ビートンを凝視し調べた結果、
 操作不能の分だけ、ツナギタイムが1拍伸びるという事が分かったのです


「でも、操作不能の分しか伸びないから・・・
 ツナギタイム中に落とせる最大ビートン組数は変わらないわね


「そうですね。
 この事実を確かめるために数時間も対戦動画を見てたここの管理人は正直バカ」


「愛が故の暴挙って事ね」


「攻撃は最大の暴挙・・・我々は一体化を選ぶ・・・・・・」


「・・・何か言った?」


「い、いや・・・なにも////」


「これで全パターンのツナギタイムを網羅したわね。
 どのパターンも基本的には『4拍』だったわね」


「はい・・・『4拍』でしたね・・・・・・」


「空がこんなに暗くなってしまって・・・。
 もう帰る時間ね」


「ではっ、私たちはこれにて失礼します」



今回のポイント
・連鎖時のツナギタイムの猶予時間は
 『前のツナギタイムでビートンが消えた後4拍のBEST判定まで』!
・BAD判定でツナギタイムが発生した時は
 『BAD判定発生後4拍のBEST判定まで』!
・BAD硬直、高速BPMなどの原因で、遅延してビートンが消えた時のツナギタイム猶予時間は、
 『ビートンが消えた瞬間から数えて4拍後のBEST判定まで』!
・でも実際に見ている余裕はないから、普段は気にするな!

・とりあえず、『ツナギタイムは繋がってからだいたい4拍』だけ覚えていよう!(ここ重要)



web拍手 by FC2

【More・・・】





「・・・アイツ最後の最後に投げやがった・・・・・・」


「投げたわね。だらしない・・・・・・」



(・・・・・・・・・・・・)



「それにしても、ここは夜空がきれい・・・!!」


「なんてったって、ここは世界一夜空が綺麗に見れる『スターリーマウンテン』だもの」


「スターリーマウンテン・・・私の近くにこんな素晴らしい場所があったなんて・・・・・・
 ねぇ・・・・・・これからも時々ここに遊びに来てもいい・・・?」


「え・・・?当然に決まってるじゃないっ!
 私たちは仲良しの友達でしょ!」


「あ・・・、ありがとう・・・!」


「あと・・・、今回は登場しなかった、ちょっとお調子者のウサギがいるんだけど、
 今度会う時にでも紹介するね」


「うん・・・楽しみにしてる・・・!
 ここの星空・・・パパにもみせてあげたい・・・・・・」


「TUNTUN-TUNTUTU-TUNTUNTUN♪
 TUTU-TUNTUN-TUUTU-TUNTUNTUN♪」


「おお・・・!かわいくて、かっこよくて、そしてなにより・・・楽しそう!
 その歌と踊りはなに・・・!?」


「これは私たちの山に古くから伝われている舞踊なの。
 大昔から、私たちの祖先はこの歌と踊りで平和と秩序を願ってきたの。
 今の世の中は、どうしようもなく汚れきった世界で、正直嫌だけど・・・・・・
 でも・・・、この山だけは別。私の大事な故郷だから・・・・・・」


「そうだったんだ・・・・・・
 ねぇ・・・その歌と踊り、私にも教えてくれない?」


「いいよ。教えてあげる。
 時間が来るまで・・・一緒に踊りましょ」


こうしてイナバと柊は、パパの迎えが来るまで一緒に仲良く踊ってましたとさ・・・・・・

TUNTUN-MOONLIGHT-SISTERS.jpg

って・・・


なんで私の出番が無いわけ~~~!!??
 これじゃあ『イナバのマジカルビート日記』じゃない!?
 次回・・・次回こそは、この私が主役になってやるんだから~~~!!!」



焦らない焦らない・・・一休み一休み・・・・・・

16:30  |  マジカルビート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/691-e911d944

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |