2012'01.24 (Tue)

あまりにも突然やってきたので

ある日突然BMSやってたらやってしまった。
やっぱり蝙蝠さんは偉大です。



最初からクライマックス


web拍手 by FC2

【More・・・】



大丈夫かな?
大丈夫だ。問題ない。

ピアノ協奏曲第1番"蠍火"(なんでも吸い込むピンク色のための)5keyHYPERフルコンです!
空POORが5あるけど!(
このBMSの作者様は本当に尊敬ものです。
とっても多くの人にすばらしい世界観を見せてくれました。
もちろん、私もその一人です。
この方のお陰でいろいろな方と繋がれた。今の僕を語るには欠かせない存在なのです。
その証拠をブログ内検索してたけど(1時間30分)、それは人様の記事であったことに気が付き、ひどく消耗した(
いずれにしても、あの時をしのべた良い時間でしたよ。
もしその同志と再会できるのなら・・・・・・今度こそ一緒に大いなる祝杯を交わそう!時は満ちたぞ!!

さて、現実に戻ろうか。
確かに昔を偲ぶのはこれからの活力になる。しかし、それに飲まれてしまうと自我を過去に残され、しまいには肉体と精神が切り離されてしまう。
なぜなら皮肉にも、今僕は竜を狩っているのだから・・・・・・
でもあれは猫玉だからセーフ?

さ、さて本題に戻ろうか 何言ってるかわかんなくなってきた
の曲はその偉大な作曲者様の現存する中で最も最後に作られた曲だ。
蠍火をアレンジした曲らしいが、圧倒的にカービィです。
ここで余談だが、実は自分が初めてやった弐寺の曲は「蠍火」です。理由なんてある。
さらに、「Lucy」や「murmur twins」もやっているのはその為だ。
そうです。僕が弐寺を始めたのはこの曲のお陰だといっても過言ではない。

曲の内容は圧倒的にカービィのメドレーになっています。皆さんおなじみのグリーングリーンズやフロートアイランド。あの隠れた名作、星のカービィ3からリップルフィールド、ラストには星のカービィスーパーデラックスのエンディングもあったりと、とにかくカービィファンにとってはたまらない曲構成となっている。
そう・・・とにかくやっていて楽しいのである。音楽を演奏しながら歴代カービィツアーに参加している気分になれる。

曲中に表示される映像のキャラクターにも注目してほしい。
とにかくかわいい。おそらくかわいくなかったら他のカービィアレンジやってたかもしれない。
それだけ自分にとって、この絵柄もキモなのである。
このポップでキュートな(どっかで聞いた?)イラストこそ元凶かもしれない。昔、自力でこの曲を見つけた時には感動した。
多分この絵に惚れたのであろうどっかのゲーム作者さんがいたなぁ。この話はまた後でしよう。
よくトレスして友人作成のカードゲームに使ってたなぁ

3分20秒という、なかなかの長丁場の中で、フルコンするのはかなりの集中力と体力が必要となってくる。
自分はこの曲を公開日からやっていて、その日からフルコンを目指していたので、約5年と2ヶ月かけてフルコンしたという事になる。
更に余談だが正式な公開日は2006年12月15日
カンの良いお方ならお分かりだろう。
劇場版どうぶつの森の公開日は2006年12月16日
映画どう森を観た翌日に自分はこの曲をやっていたらしい。
なんということだ・・・これは新事実・・・!
というよりかは昔の自分はそれすらも知っていて、改めて思い出を掘り返された気分だ。

なぜ、こんな日にフルコンしてしまったのだろうか?
今まで数百回はやったであろう。そして生の音楽を聴いた回数を含めれば、この曲は千回以上は聞いている。
そんな難攻不落のハイパー譜面を、なぜ・・・今?
つーか正直言って放置していました。スマン。これだけはしかたなし。
一応BMSをやるきっかけとなった生放送がありましてね。その放送者は何かと自分の持つセンスとかみ合っていて・・・これ以上は別にいう事は無いか。
放送を終えて、さて自分もやろうか!という事で、3曲目にこれを選曲。
なぜか・・・つながる・・・?これも放送の力のお陰なのか!?
そして終盤には「COMBO 800」となる見慣れない文字が・・・!!
これイケるんちゃう?でも一回だけ、ここまで来て失敗したことがある。事を思い出した。
ここは慎重に・・・・・・指が冷えてうまく操れない(実話)


そして・・・・・・


(一番上に戻る)


やっとありつけた・・・!
フルコンに・・・・!!!


フルコンって、なんかの儀式みたいで、たった1ミスか否かで圧倒的な差が生じる。
昔の音ゲーがほぼコンボ依存だったことを考えると、先人達も少なからずフルコンに対する意識があったのだろう。
今もその意識はさまざまな所で残っている。自分もフルコン至上主義者とまでは言いたくないが・・・それだけフルコンに執着している。

好きな曲こそ、フルコンしたい

やっぱ愛情表現って、人それぞれあるじゃないですか。自分はたまたまそれだったというわけで。
フルコンした瞬間は焦ってキャプチャし忘れそうになりました。そう。フルコンの瞬間を撮りたかったのに、この味気無さ。
でも、これはこれで「はじめてのフルコン」らしさが出ていてよいと思う。という言い訳をさせてください・・・・・・
本人、その点では相当悔しがっていますorz
もう5年以上も過ぎているのに、こうやってプレーされ続けている。それってすごい事だと思う。
今では流行の波はすごく激しいというのに・・・良いものは代々受け継がれるべきだと思うんですよね。
みんなもやってみてはいかがだろうか。そしてその感動を自らの手に、記憶を辿っていただきたい。
23:50  |  KK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/553-1557944b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |