2012'01.17 (Tue)

私の座右の銘

毎日おふざけた日々を送っている俺だが、こんな自分にも「座右の銘」ってのがある。
それが・・・・・・

腹が減るとネガティブになる
だから食べれる時は、常に全力で食すこと


である(
もっとも、これは自分なりに解釈したものであって、こんな感じのであればおおかた言葉が違っていても大丈夫だし、それこそ「常におなか一杯にしておけ」「腹が減っては戦ができぬ」とかでも全然構わないし、だけど、これには『人はお腹がすくと悲しくなるそうです。いつもお腹をいっぱいにしていて下さい・・・』というれっきとした原文があることだけは忘れてはならない(少なくとも自負する)
これは一体何の意味があるのか?そもそもこの言葉はどっから来たのか?まずは俺がこの言葉と出会ったきっかけを話そう。



おそらくご存知であろう、この言葉は劇場版どうぶつの森においてあいが母さまに当てた時の追伸である。
秋、サリーとの突然の別れに驚きと悲しみを隠せないあい。彼女が向かったのは喫茶店「ハトの巣」だった。そこでビアンカ先生からのアドバイスを受け少し落ち着いたあい。帰り道に待っていたのは座礁しているセイウチくんだったのだ。彼が言うには腹が減ったとのこと。そこであいはセイウチくんを自宅に案内し、おにぎりを御馳走する(ここで山のように積んであるのは一体なんだったのか・・・本ブログではとらえない事にしておこう)。一緒におにぎりを食べ「おいしい・・・」とつぶやくあい。その時ぺりおさんから手紙が届く。届け元は・・・サリーからだった・・・!嬉しさのあまりセイウチくんを呼んだあいだが、すでに彼の姿は消え、かわりにすべてを平らげたおむすびの皿だけが残っていた。おそるおそるベランダでその手紙を読むあい。手紙の内容は、勝手に出て行ってしまった事に対するごめんねの挨拶、そして自分の夢を涙で始めたくなかったサリーの断固とした決意。そして二枚目の絵手紙にはあいがチェリーパイ(これが超重要となっていくわけだが割愛しよう。念のため。)を食べているあいの姿が描かれていた。「今度は自分が夢を叶える番だ・・・」そういうメッセージだったのだろう。

そして物語はクライマックスへと続くわけだが・・・・・・
もし、帰りの海岸でセイウチくんがいなかったら?もしお腹がいっぱいのセイウチくんだったらetc・・・
おそらくこの物語はBAD END非常に後味の悪い、苦みだけが残ってしまう映画となっていただろう。無論そんな事はある筈がないのだが・・・・・・
ここであいのメンタルが一変したのは、おそらくこの1個のおにぎり。おにぎり1個分でネガティブだった気分が一変するのだから・・・すごいエネルギーだ。一度でもあいのおにぎりを食べてみたいものだ。



俺は自分で言うのもなんだが、結構の大喰らいである。とにかくほかの人から「よく食べるな」と言われる。酒を飲むときもその勢いは止まらない。むしろ自分は酔うと大食漢になるようだ。
昔から食べ物を粗末にするなという教訓を刷り込まれているからかもしれないが、当時はさすがに好き嫌いがあった。
でも今は違う。食べれる物なら殆ど平らげられる。
それは単に食に対する感謝とかではなく、この言葉にがまるで自己暗示かのように掛かっているのである。
これってなにげにすごい事である、と思う。無意識にこれが出るのだから。
食べすぎはよくないという俗説がありますが、食べないで飢えていくよりかは食に恵まれていた方が全然マシです。
みなさんも、食べれる時に、食べておきましょう。



結構無理矢理に詰め込んでいます。今後書き直してより伝わりやすいものに書きなおそうかと検討もしております。
それだけ自分にとって、自分の人生に影響された言葉でもあったのです。
当り前だけど、これって結構大事なこと
だと思うのです。
行動力のある自分も、さすがに空腹では何もできません!
それだけ人にとって食事は大事なものなのです。
確かに、克服するのが苦手なものもあるかもしれません。でも命をいただく感謝の気持ちを忘れない事、その生命が今日に私たちを動かしていることを忘れてはいけません・・・・・・


っとここまでちょっっっと解釈が違ったようです!!(ぇ
食に対する大切さもそりゃあ大事ですが、ここで言いたいのは食べることによって人は元気になれることです!!
つまり、食卓から自分を元気にしようってことですね!これもちょっと違うか・・・・・・
今度こそ即決にまとめるんだな。だんだん寒くなってきただろう。
この「お腹がすくと気分が憂鬱になるが、おいしいものを食べればハッピーになる」現象を2006年にあみだした、その日から自分は自然と大食いになってしまったという・・・・・・なんとも〆には弱い結論となってしましました。
(まぁいずれ改訂されるでしょう)


腹が減ったら、まずはメシを食ってみたらどうでしょうか?
web拍手 by FC2
23:00  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/548-03f05ff1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |