2011'09.08 (Thu)

ミュージックガンガン!テーマで100,000点への道

まずはこちらを見ていただきたい。

09070008.jpg

このゲームで、いわゆるキリ点を出すのはかなり困難である。
この記事はそんな苦行にたった一人(?)で挑戦するという、全く馬鹿げた(しかし本人は至って本気)企画である。
web拍手 by FC2

【More・・・】


事のはじまりはこの出来事である。

06300001.jpg

3曲目に注目してほしい。
点数が110,050点と、なかなかキリの良い数字である。

このとき私は思った・・・・・・

これって100,000点取れるんじゃね?

一応初代からやっているミューズポリスなので、その確信は持てた。
注目すべき点は、フルコンボでかつそのスコアが50の倍数というキリの良さ
そして、普通にやっていて100,000点前後を出せる音モンの数。

この要素+ブラックとミルク(猫と兎)復活のコマンドにより、私は「意地でも取ってみせる」という闘争心が生まれた。
そして後日、何度も挑戦するが・・・・・・

tatakai001.jpg
とりゃ!

tatakai002.jpg
せぇい!

いずれもキリが良いものの・・・100,000点には及ばず・・・!
さらに1クレ中は1曲しかできないミューガンVHモードの鉄則により私のお金はどんどん減っていく・・・!
そして一時撤退を余儀なくされる・・・・・・あっけなく撃沈。

どうすればあんなの取れるんだ・・・!
やはり野生のカンではダメなのか・・・!

行く度に気晴らしに挑戦してみるものの、全くキリ点が取れる気配なし!
しまいには「それなんて手抜き?」とまで言われる始末・・・!
フィナレス、痛恨の一撃、まさに屈辱・・・!

このまま引き下がる訳にはいかない!だが感覚でのプレーにはすでに限界・・・!
ですので・・・
どーすれば取れるのか素直に計算しました

以下、その計算結果・・・・・・
と言いたい所ですが、非常にだれてしまうので読みたい方だけこちらからどうぞ。
【表示】


そういう事で結論から言えば、
フルコンボは当たり前にとる!
チャンスタイムはスルーでOK!
グレート/グッド数を(33/2)か(28/6)に調整!
たまももコマンドは必須!(重要)

これを守れば今日からみんなもキリスコアが狙えます!!!
あと必要なのは、ミスってもあきらめない根気ですね。
最初の方にパーフェクト判定を沢山取っておくのも良いかもしれません。

最後に・・・
ブラックとミルクは俺が一生いただく。
じゃなくて、こんな楽しいミューガンを作ってくださったスタッフの皆様
一緒に切磋琢磨してきたミューズポリスの方々
そしてゲームを盛り上げてくれるさまざまなキャラ達
ギャラリーの皆さん、楽しさを広げてくださった皆様
大好きです!ありがとうございます!!!


らしくないね。
ここより先は、もっと本格的な説明です。
ちょっと狙ってみようかな・・・って人向けです。
途中の図とか参考にならないとかいうのは禁止な(









「では実際どうすればいいのか」
結局は精神論です(
技量とか才能とかよりも、その譜面の理解度がモノを言うと思います。

ですが、フルコンしないと全くスコアが伸びないのでフルコンは最低でも安定させましょう
安定してきたら次はPERFECT数をできる限り増やしましょう。10万点超を目指しましょう。
そして、狙ってPERFECT判定を出せるようにしてください。
そうすることによって、GREATが狙って出せるようになります。
GREAT判定はPERFECT判定のリズムで、マーカーから少しずらして撃つと出ます。
ですので、初めにPERFECTを安定させればGREATも楽々出せるのです。

以上の事ができるようになって、初めてスコア調整の土俵に立つことができます。
そのためには何度も根気よくプレーして譜面を覚えましょう。
丸暗記しなくても「どこから出るか」くらいの予測はできるようにしましょう。
それでは次のステップへ移りましょう↓


「カウントについて」
ミューガンでは音モンが破裂した所に判定が表示されます。
普通はあまり意識しません。スコアタとかでは少々意識するでしょうか。
今回はそれをいちいちカウントしなくてはいけません。
カウントなしに100,000点取れるとは思わない方が身のためです。

とはいってもPERFECTからGOODまでいちいち数えるのもダルいです(つーかちょっとやそっとでは無理)
ですので、ここではGREAT数をメインに数えましょう。
ミューガンのテーマではやると分かりますがGOODはあまり出ない譜面です。
また、GREATの色使がPERFECTに似てるため結構集中して見ないと見逃してしまいます・・・・・・
それに比べてGOODは赤いので判別しやすいです。
ぶっちゃけGREATの方が出やすいもんね(

覚え方は人それぞれですが・・・
私はGREAT数をブラック(左)にGOOD数をミルク(右)に覚えさせます。
あぁこれは架空の話ね。要は数字で覚えればおk(

幸いこの譜面はチャンスタイムがありますので、そこで途中経過をしっかりと覚えておきましょう。
最後まで気を抜かないこと、それが重要です。



「GREATを安定して取れるゾーンをつくる」
慣れてくるとスコアの関係上、PREFECTからわざとGREATに落とせざるを得なくなります。
その時に、自分であらかじめGREATを出す所をパターン化させてみましょう。
そうする事によっていらんミスが減り、より速く確実に100,000点を出せます。
では、私が思うGREAT安定ゾーンをいくつか紹介します。




需要がありそうだったらやる。

タグ : 殿堂入りした記事

16:29  |  KK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/432-bc4bd807

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |