FC2ブログ

2018'09.11 (Tue)

everything is Risk

もし仮に「負の創作が自分を持ち上げる地盤」としてつくられるのであれば

自分が底辺

そう感じた瞬間に
web拍手 by FC2

【More・・・】




創作が死ぬ。
G81Rが抱える一種の宿命なのかもしれない。
かわいそうを肌で実感しているからこその苦難なのだろう。

その感情すら切り捨てて行かないと、
もはや存在すら危ぶまれる。

が、そんな状況の中で創られ、形となった「創作物」が一定の評価を得られると、
所謂「人が死んでも作品は生き続ける」状態となるので、単純死ではなくなる。


まだまだ深い水底には及ばない。
23:59  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1872-96c40a9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |