FC2ブログ

2018'07.05 (Thu)

こうして落とし込む

1週間が潰れる程の効率の悪さ

そもそもこんな事起きなければ良かったと言うのは、また別の話。
web拍手 by FC2

【More・・・】








201807str.png
そう

少なからず、こういう事件は、世に、影響する。
それが意図的だろうが、そうでなかろうが。

その光、燃え尽きるまで誰かに見てもらいたかったのかもしれない。
それがたとえ「病んでる」行動だったとしても。
しかしながら、これと相反し、事実として残るのが1人の命が失われたということ。
現場には止める人は居なかったのだろうか、いや、そもそも人なぞ居たのだろうか。
様々な「もしも」が頭の中を駆け巡る。こればかりは「その手の」住人たちも油を注ぐようなことはなかったし、
よくよく考えたらそういう世界の住人ではなかった。
まー分からなくはなかったりする。そういう思考に陥ること、あると思います。
でも、よく考えると、結局、悔しいから、考えるわけですよ。
どうやったら、自分に降り注いだ理不尽とやらものと、うまく付き合うか、というのを。
それはすぐには解決しないだろうが、諦めなければ5年くらいかければ、その機会は訪れるんじゃないでしょうか?(他人事)
少なくとも、自分はそう確信しました。「あ、これでいけるんじゃねしばらくは」・・・、と。
生きている内はいえるんですよね。「本気になれば死ぬなんて考えない」って。
死ぬ気で頑張れと、矛盾してるじゃないそれ・・・とか。世の中は結構理不尽でできている。

理不尽に対抗する手段を、考えるという教訓を考えるだけの無駄な記事になってしまった。
人によって考えることは千差万別だし、いいと思いますよ。
単なる風の話で終わらせるか、自分なりに「こじつけ」を考えて深掘りするのか、
そういう無駄な思考に耽るのは、あながち無駄では無いと思います。

そういう事を考え始めると、一向に尽きる兆しが見えない。
それだけ、この出来事には価値が有った、そういう見解もあるということなのでしょうか。





一応、本当に、念の為言っておくけど
ここって、そういう行為を助長する日記帳ではありません。

現実と空想の区別がつかない内はこの境地には

リアルでマジ飛び込み、ダメ、絶対。

(っていうのを毎回書かないとクソリプ飛んでくるリスクがあるこの世の中poison)


今回は、(事後は)ないです。
てか、きちんと差分取れる設計にしないと、考えないと。
そういうのに無駄に作業していた4日間でした(月曜日から起算)
23:59  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1822-f8034e73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |