フィナステラ海洋日記
これが君の望んでいる「海洋-ニッキ-」
いらっしゃいませ
ここに来てしまったのか。

来てしまったのか。

まあこんな辺鄙な場所に来る物好きだ。
せっかくだから、私の嫁の声でも聴いていただく。



ふぃーな☆.mp3
(音声が流れます。ご注意ください。)









2018





そうか、また来てしまったか。

とりあえず・・・そこに座って、飲み物でも飲みながら、話をしよう。

・・・と入ってもそんなに長い話は今回はしないが。



そうなんだ、やっと、なんだ。
今回のネタ記事により、自分自身の、最終アップデートとなりました。

自分磨きの模索が、終了した、というみ方もあれば、ようやく、一点の着陸地点が見つかった・・・そう言えるのかもしれない。


この、「ラフィー」という要素を持って。



自分と当てはめた時、五(プラス一)感に、これほどまでにピッタリと来たものはなかったでしょう。
それはまるで、自分の唯一だった創作活動に模倣という名の終止符が打たれた瞬間だったのかもしれない。
(いや、寧ろここから秩序を築き上げるのも・・・?)
それにしても、ここまでに「自分のやりたかったこと・もの・属性」が、
なんの、示しもないただの商用作品の中で見つけてしまったこと、そしてこのタイミング。
今までの自分の人生において、一つの区切りといいますか、役目といいますか、
ようやく、自分の中で納得がいく生き方が、定着した瞬間にもなりました。

今日というこの日、去年は、家族ができたとかほざいていましたが、
今年は、真の意味での嫁が具現化しました、なんて言葉になってしまいました。
なんつーか、順序がひどく崩壊してますね、できちゃった婚ってレベルじゃねーぞ。
具現化と言っても、残る要素は、「擬人化した時のビジュアル」とか【声】だけだったんですけど。
でも、声に関しては、最後まで課題に残り続けた割には、日常でよく溶ける内容だったので、まー自分の脳内に定着し始めて良かったと思いました。
むしろ、この声によって、先月の超繁忙期間は免れたと言っても過言ではない。

そう、今度こそ死を覚悟していた期間でも有りました。

死なばもろとも、ステラと共に轟沈ス。
そう、今後の生き様を、決意した2018年、フィナの句でした。



そのうち伏線回収したいですね・・・スタンプラリーとかそくばいかいとか・・・(←




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)