フィナステラ海洋日記
これが君の望んでいる「海洋-ニッキ-」
朝型失敗
実践して思った。

根暗な人には、朝型なんて無理だという事を。


以下、言い訳。



朝型に向いている創作傾向は、
恐らく、たくさんの人を元気づけられる、そんな創作をしたい人に限られてくるのだろうと。

退廃的な、非生産的な、そんな負の創作をするのであれば、
人が寝静まった、認知されない領域で、ひっそりと形だけ残す。
これが現代における負の創作の、かろうじて取り留められる、有り方なのだろう、と。

実際、眠さを誤魔化しながら、
静かな夜の星空の下で気を堕ち込ませながら何かをつくり上げるのは、日中では成し得ることが出来ない力があると思います。
日中では至らないような、ドス黒い考えとかも、だいたいこの時間に思いつくものです。

そして、そんな負の創作に一区切りをつけた直後に寝伏せた時のというものは、
不思議と、直前の創作に紐づく内容の夢を、みることが出来るという点でも、
世界観に没頭する手助けとなるのが、深夜の作業の良さ、という事なのでしょう。



ただ、作業的な部分に関しては、
空が明るい、脳が生きている時間帯が良いと思います。
これは、単純にネタだし不要な作業において、できる限りミスを少なく、
かつ、作業速度を最大限に引き出すための手段だからです。
つまり、やっぱり、「その時の状況に合わせて」、なのである。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)