2017'10.01 (Sun)

ケーキ(ドレス)シリーズは永久に不滅です

2017年9月30日

1冊の本が頒布された。

知る人にしか知らない、そう、あの「ケーキ本」だ。
(掲載はtwitterで、表紙のみ行ってます。)

ぷよクエACのキャラを、ぷよぷよオンリーイベントで頒布する・・・、
これは、今のぷよぷよの事情をくみ取ると、分からなくもない。
が、「ある一つのシリーズに絞った合同誌」ではどうだろうか?



そうだ、これは奇跡の1冊なのである。
その完成度は、ぜひ手に取って読んでいただきたいところだ。
そして、今日のこの記事は、そんな、ケーキ本に関する、
私見を、現在の自分の思うとすることを書いただけの記事になる。
web拍手 by FC2

【More・・・】





そもそも、同人誌とは、何なのか問題。
最近の、所謂「同人ゴロ」問題に、近い感情を抱かせた事案だったな、と。
所詮、大衆の、目についた時点で負け、というものだよ、と。

ごちうさ本を探したら、めっちゃ出てきたから厳選した。
ステま本を探したら、数えるほどしかなかったから全部買ったぜ。


こういうマイナーな部門にこそ、本来あるべきファン活動の本質が、より鮮明に映し出されていると、思います。
競争率が低いジャンルだから、大衆的な盛り上がりも見せることはできない、共通した「使い捨ての合言葉」も存在しない、
でも、そんなの気にせず、深く掘り下げ続けた結果、1冊の本が、形となって表れたのでしょう、と。

人同士の、リング型みたいな横のつながりではなく、
キャラがまず在り、そのキャラが天辺に立ち、
そこから各(描く)(書く)人に対して、スター型に線が伸びる、そんなつながり方。
言い方を変えてしまえば、ぐーぞー崇拝だろうか。悪寒が走ったから漢字崩したけど。


即売会の話に無理やり軌道修正すると、
「この人が描いたから買う」ではなく、「このキャラが好きだから買う」という、
私の嫌いな馴れ合いではない、作品形態になれるんですよね。


ケーキドレスシリーズに全力で向き合えた時期が、自分にはあり、
ケーキ本の制作に携わってくれた他の方々も、同じく、全力でケーキドレスシリーズを応援していた、
既にぷよクエACというサービスは終了して、私事でいえば、SNS上のつながりを破棄したというのに、
同人誌制作という時間を共有させてもらえたことは、奇跡だったんだよなぁ、と。
そして、こんな私にもお誘いをくれた、主催の方々には、何とお礼を申したらよいか状態です。
本当にありがとうございました。

そして、もし、ケーキドレスが好きな人で、
今回の合同本に参加してなかった人が、この記事を読んでいるのなら、
それは、「のけもの」ではない、という事を、明言しておきたいです。
とは言うのも、この本は、結局人の作ったものなので、
少なからずとも、人とのつながり会って出来たもの。
単に、2017年に集まったケーキシリーズ好きが集まった本でしかないからです。
2017年以降にケーキシリーズに目覚める人だっているかもしれない、でも同人誌はもう出来上がってるから・・・
だなんて事を抱かれて、ひとつの創作の芽が潰れるのは、こちらとしても願わない事態だからです。
何だ前と言ってることが矛盾してるじゃないかとか、それ突っ込まれたら負けなんで許して(


今や、様々なジャンルがこの世に存在し、もはや全部を追うことなど不可能なほどの作品が出回り、
自分の好きなジャンルでさえ、完全に追う事の出来ない、そんな中で、
この1冊がつくられた、その経緯は忘れることは無いだろう。



なんか愚立ってる文章になってしまったので、
どっかできちんとブラッシュアップしたいですね・・・・・・
言っただけ、言い逃げ説。
11:11  |  ぷよクエ(AC含)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1764-b12acf92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |