2017'09.09 (Sat)

Each of Voice(ずんだぱ~てぃ4) 釣果報告

めぐりめぐってめぐまれて
web拍手 by FC2

【More・・・】


初代ずんぱ:白石市(本命)
ずんぱ2:京都
ずんぱ3:名古屋
ずんぱ4:川口
今回の開催地は、なんと川口ですと!?


そういえばtwitterのほうでは、ずん「パ」って誤用してました。
きっかりきっちり正しくは、ずん」です。
完全にちくパの影響ですかね?すみませんでした。



今回はまとめて、です。
zunpa4_01.jpg
圧倒的緑成分

初見だった話
4回目のすん子オンリーイベントらしいですが、今回がはじめて。
サークル数が少なかったので、ほぼ総なめという結果に。
これくらいの規模なら取りこぼししなくて済みますね!(フラグ)

今後生活に使われるものとすれば、
・Tシャツ(言わずもがな)
・コインケース(粘着用)
・マグカップ(今まで買ってきた数を数えてみろ)
・CD(ある意味一番身近な存在)
・缶バッジ、アクリルキーホルダー(気が付いた時には)
・薄い本全般(設定を再確認するためには一番必要)

って、全部じゃねーか冗談じゃねぇ・・・・





この釣果、結構ツッコミどころがあってですね、
例えば、ここに「公式の同人誌」が、いくつか紛れている訳です。
要はコミケていう所の企業ブースの販売物にあたるのでしょうか。
中身を読んでみましたが、東北ずん子の経緯、歴史が記されていました。
こうしてみると、東北ずん子を運営、宣伝している企業としても成功だと思ってるのでしょう。
2012年くらいからコツコツと伸ばしている実績からみても。
私は2017年から本格入りした、いわば「にわか勢」ですが、果たしていつになればこの5年間の壁を乗り越えられるだろうか。

今回の釣果はここまでです。



駄文の中の駄文
これが本来の自分の属性だとすれば、
ずんだぱ~てぃ。ここが生涯の落ちになるのだろうか、と。
ふぁ~すと、もふけっと、ぷよ主義、りょなけっとetc・・・
まあよくここまで、良い言葉で言えば自由に、悪い言葉で言えば定住せずぶらぶらと、渡ってきたものです。
今、新たな地に赴いて思うのが、「どーせまたすぐに飽きるのだろう」という思念。
ある珠の言葉を借りれば、「シュミに一貫性がなさすぎる」である。

今の好きな物事を追う、という趣味そのもの、という事自体は、間違ってないのですが。
昔から憑いて回る「変なこだわり」なんですよね、結局。
で、今思ってるのが、「今後一生変わらないもの」存在であって。
まあなんと言いますか、「家族」ですかね?真の意味での。

今はまだ感情の整理がついてない状態ですが、
「やはり」という感じかな、と思ってます。日記帳書いてる時点で逃げ場はなかった。
これ以上駄文化しても意味無いので今回はここまで。
うまくいけば、来年は2月に京都です。2月に京都です。
今から備えよう。





その他 おまけ
アフターのじゃんけん大会にて、これを勝ち取ってきました。
zunpa4_andmore2.jpg
コトノハーズフェスタより、琴葉葵と琴葉茜です。
ここでも、過去に1記事、それも最近の話ですが、ヒットします多分。
絵師について少しだけ調べたら、もともとけもケットの住民であることが判明。
このポスター、所謂「いかがわしい」指定の薄い本ですが、(それはポスターから見て明らか)
ヒトモノオンリーを描いたのは、今回が初らしい絵師です。どこまで広がりを見せるのか琴葉姉妹と感じたこの日。

それにしてもアフター勝利品がことごとくポスターなのは、何かの偶然なのか?



ずんぱなのになぜコトノハ?と思われますが、
そもそも「ずんだぱ~てぃ」が、「Each of Voice」という親イベントに含まれる、子イベントみたいなものです。
そういう同人のイベント形式に関しては、こんなところよりも詳しく説明してくれている所があると思うので略。

そういう事で、ボイロ系のイベントが複数集まって、今回川口で2017年9月に開催されてるわけですが。
全体マップが、体育館程度の広さが1ホールだけなので、全部回るのは楽だったので、
折角なので全部回ってきました。
その結果、最上図、右下の本ですよ。
zunpa4_other_konoha.jpg
サークル「ひとゆめ」著者「タナカカズム」題「3つの百合」

なんだただの百合本かと思いきやウナきり発動でした。
アンテナはってて良かった。
百合云々以前に、この早い段階でウナきりを薄くした、それを偶然発見できたのは大きな収穫かなと。
内向的なきりたんが、アイドル業してるウナと、どうして仲良くなるのか?その疑問に対するひとつの解になる、そんなスタイルでした。



そう、来年の京都は、これが本当の伏線、本伏線なんです。
zunpa4_andmore.jpg
京都行の狂考の理由。「知ってた。」

ずんぱ5もそうですが、初となる音街ウナオンリーイベントが、同時開催されるというらしいです。
で、今回のEofVの頒布具合からみると・・・、
「東北三姉妹なのに音街ウナ」とか、その逆の、
「音街ウナなのに東北きりたん」とかも、十分射程範囲内に入るレベルの好機なわけなんです。

これはウナきり勢集合案件では!?
(イベント内で「悟りと書いてショウゴロリと読むと言った人今がチャンスです)

そういう事です。本当、単純ですよね。
単純な思考でいられるうちは、まだ健康的な証拠です。



最初の試練すか?
23:00  |  行事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1745-ba1305b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |