フィナステラ海洋日記
これが君の望んでいる「海洋-ニッキ-」
18日前の戯言
今日のお題:ポッ拳AC

A4(過去の栄光)からそのメッキは徐々に剥がれ落ち、
ついに今日B2まで落ちてきました。

近々家庭用が発売されるのにまだやってるのには一応理由あって、
新ポケへの対応とか、実質全国クラスのランカーと対戦して「揉まれる」事とか、
自分が使ってるポケモンの立ち回りをもっと自由にできないかとか、

いろいろ試行錯誤しながらやってます。
でもやっぱ家庭用を待った方が楽だわ。
ゲーセンにいる時間しかできない故、帰路で妙案を思いついても、
それを試行するのは翌日以降になるし。
AC版だからトレモ無いのでぶっつけ本番でやるしかないとか。
最近の生活はそんな感じで悪循環をきたしていますよ!

自分でもAC版の落としどころが良く判らなくなってきました。
以下、駄文。






ここ1,2ヵ月で感じた最近のポッ拳AC

人が少ない
夜の部でも最大接続数5~6人じゃないかという過疎具合。
2試合飛ばしで同じ人とマッチングする事なんて日常茶飯事。

ランカーの立ち回りがどうしようもない
特にハッサム。
中距離からほぼノーリスクのバレットパンチがヒットすると、
そこからHPが1/3減ります。死にたくなるし、実際しぬ。

仮面ピカダメージソースについて
接近戦が9割(残り放電)な為、常にじゃんけんに負けるリスクを背負わなくてはならない。
ただ単に知識不足なのかもしれない。

固めを学ばなかった代償
攻めは単調、守りは割り込みタイミングを知らないで大惨事。
正直伸び悩んでる要因はコイツ。



分からなかったから、じゃ済まされないランク帯にいるからこそ、
こういう問題に一つ一つ向き合っていかなくてはならない、厳しい時期に立たされてるなって。
で、ひとつ不安になるのが、こんな状態でまともな動画できるのかな問題。

「初心者目線では何やってるか分からないし、達人目線では物足りない歯がゆいし」で、
すげ~中途半端なものができそうな予感がします。



ここで本心に立ち返るとすれば、
ポッ拳の実況をするためだけに、きりたんを迎え入れたわけじゃないんだ、っと。
ヘタレプレーはヘタレプレーなりに、反省材料として表現すれば良いし、(特段取り上げることでより意識して次に臨める点も加味すれば)
そう、これは練習であり、これからの生活の1ステップなのだ!と。
常に自分に言い聞かせながらメンタルタフネス養っていきたいですね。



ただ、今ひらめいた妙案(2つくらい)は、どっかで試したい欲。
試すのは良いんだけど、当然成功するまで続けるだろうし、また時間を浪費するデススパイラルに陥らない為にも、
きっかりあと1回くらいで落としどころを決めたいものです。
無駄に金も消費するのもナンセンスだし(1日で千円擦られた人の声)
体験版じゃマスピカ使えないし、そもそも体験版だし仕様変わるかもだし。


あと18日
次回は、切欠とか、コンセプトとか。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)