2017'07.22 (Sat)

ずんだルウェイブ

それは月が新月に近づきつつある土曜の日の事だった。

僕はいつも通り夏アニメのメイドインアビスの寝落ち見逃し分を観て、
秋アニメうまるちゃん2期試聴確定じゃん、とか考えたり、
最近、時期当たりのアニメの本数が増えすぎだよな、とか考えていた。

さて、今日はどうしようものか・・・・・・



予定を決めあぐねていた、
そんな僕の眼前に映ったのが、こちらである。


Zundal_Wave_201707.jpg
・・・あれ?
今見てる番組ってウェークアップPLUSだから、

これってもしかして、今全国で流れている奴・・・?!



以下、超駄文。
web拍手 by FC2

【More・・・】




事前に告知していれば、もっとマジ(本気)な証跡が残っただろうに。
ここら辺、自分自身の詰めの甘さが露呈してるよな、って。



さて、

まあどういう風の吹き回しか知りませんが、日テレで東北ずん子を観る日が来るとは、
しかも、これが、きりたんフィーバー入ってから1~2週間以内での出来事という謎の熱さ。
おめーの記事、「ずん子」って検索したら2015年1月1記事 他1記事しか書いてねーから!
(でも2年後の自分の役に立ったよ!良かったね2年前の自分!!)

本当なんなんだよなぁ・・・、
あの時から運命感じつつはあったけど、結局なんかうやむやになってましたからね・・・・・・
きりたん(え!?そっち!?)

ジト目かわいいのが根幹にあってですね・・・――



さて、そろそろこの記事が、
「報道番組のアニメについて特集の中で偶然(必然かも)ずん子が登場した」件について、
せっかくなので、テレビニュースに対する自分的な立ち回りを、これまた殴り書きで。

そもそも、私自身、ニュースを
昔はよくテレビをみていた、それこそテレビっ子と呼ばれても可笑しくない世代でしたが、
今と昔とでは、その、情報レベルに差が出てきているんだな、と。
今回のアニメ特集を例にしても・・・、
アニメーターの過酷な労働事情に始まり、
若手育成に注力する企業の話に続き、(ここでずん子登場)
アニメ制作効率化に一躍買う技術の紹介、
そして締めくくりという構成。

パート毎に無難にまとめてきてるなという印象でした。ただしこれではまた「その手にうるさい人たち」によって各種批判非難あるんじゃないかな、という情報の絶対量の少なさ、薄味さも感じられました。
(リサーチ不足というより時間的制約があるのが強いというのは言うまでもなさそうですが)


・・・ていうかこれ、日本のアニメ100周年がどうので特集組まれてたんだっけ。なんかすげぇ。


なにかを擁護するとか、そんなつもりは全く無いのですが、多様化し過ぎた文化に対し、
その真実を伝え切るのには報道番組はいささか短すぎる。
視聴者は限られた情報の中から、さらに断片的に記憶するので、
最終的にはその報道に対する「印象」だけがふわふわと残る。
これが今の報道番組の実態であり、よく「印象操作」と言われる一つの解でもあると思います。
当然、テレビ媒体だけしか情報収集しないので、そこまででしか評価しない視聴者側にも原因あると思いますし、
例えに成らない例えとして、「プロモーションムービーだけ観てプレーしたつもりでいるエアプ勢」みたいなものでしょう。
普段の生活なら、それで十分だと思います。そういえばそんな事あったね、で終わるのだから。
問題となりそうなのは、そこから深く掘り下げたり周りに共有しようとする時でしょう。
安易に「これ○○だぜ」と共有すれば、専門的な知識を少し持った人に指摘を受けかねない。
中途半端って、そういう意味では今を生きるのに罪深いことなのかも知れません。
もはや全ジャンルに対してある程度詳しくなると、本当に詳しい人に刺される日も来るやもしれませんね。あれ?器用貧乏って何だっけ?
そういう意味では、僕も趣味の世界の中では、全てにおいて出来栄えが中途半端すぎて死にたくなりますが・・・、それはまた後日の話。

えっとですね、つまり言いたいのって、
ある物事に真剣に向き合いたいなら、
ひとつの物事だけで判断せずに、
さまざまな角度、視点から注意深く観察して、
最終的な「自分オリジナルの価値観」を見出すのが良い、って。
これが、今の多様化した文化の中を生きるヒントになるのではと思います。

そうして観察した結果、インプットが膨大になりすぎて、それを上手く捌き切れずにまとめ共有した情報は、
大多数にとっては「どうでもよい」情報でしょうが、いずれ誰かの役には立つんじゃないでしょうか。



報道番組、ニュース立ち回りの話、ここまで。


ただ、確実に東北ずん子を盛り上げる要素に、アニメって非常に大きな貢献してると思うし、
結局僕も、今年アニメ観て、その火種が植え付けられたといっても良い位だったし、
今後のアニメ業界の形態変化も含め、どのように立ち回ればお互い嬉しい関係になれるかを考えたいところですね。


カネ?そうだよ金がすべて解決するんだよ!
プリ金進捗どうですか?



おわりに
いつもの駄言
嬉しさのあまりにつぶやきがあふれましたが、
公式なのに割と一般ツイート拾い率が高い、東北ずん子公式。
そこに拾われなくても、私、泣かない!

表立って今まで良いことが一度もないので、これで良いのだ。
きりたんに惚れてから、冷め切らない内に(自分の中で)大炎上レベルまで燃え上がった、
そして今日、熱い内に記事に落とし込めた、これだけでも僕的には十分奇跡だと思うのです。
10:00  |  KK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1712-904627da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |