2017'05.12 (Fri)

自由宇宙遊泳の代償

26th_arrAR.jpg
他人の創作を見て嫉妬を持つ理由はさまざまだ。

技術的に自分が到底成し得ない事を当然のように、しかも変に、へりくだって言ってきたり。
絵を描けるのは大したことが無いと言ったり。
自分の嗜好に合った書き手に限って性格が・・・とか(自分が)感じたり。(これに関してはまた別の問題があるのだが)

細々と書けばきりが無いが、そのような感情に一つの解を与えるとすれば、
「自分の本当にやりたい事が視えてないから」だと思う。



例えば、描画は、究極の自給自足だという人がいる。これはもっともだと思う。
この界隈において、自分の思い描いたものが表現できるということは、下手すればそこで精神的に満足、収束するからである。
おそらくまだ見ぬ世界の中で、ミオンちゃんやロゼちゃんの絵が点在するのは明らかで、それらは、個々の満足のために描かれ、拡散はされない。
それがもやもやするなら、自分でミオンちゃんやロゼちゃん描けよ、って話になる。
そもそもそれができるのなら、このような話にならない。

もっとのびのびと創作できないものか。
そう、疑問を投げるこの頃である。



(リョナのグレードについて)
さて話は変わるが、この件について、主に2つあるとか勝手に思い込んでたり。
所謂「ソフト」なのか「ハード」なのかである。
前者は、単純な「ちょっかい」から始まり、暴力的には、まず損傷を伴わないもの。エロに至ればノーマルで収まるもの。
一方、後者は、人体破損などダメージが大きいものや、暴力的にもエロ的にも、真の意味で人を選ぶ表現が頻発する。
はっきり言って、直視できない。おそらく現実化したら吐き気を催すこと間違いなし。

そう考えるとですよ?
別に私は血を見るのが好きじゃ無いのだろう。
単にかわいい女の子が苦しむのが好きなだけなのだろう(クズ)
そう思った時、ハード系に走ったのは、思い切り勇み足だったなぁと、過去を振り返りそう思ったのであった。
いや、結果として「出るもの」が出るのは仕方ないと思うよ?だって痛いんだもの。血の一滴や二的でない方がおかしい。
ただ、それって必ずしも血でなくても良いのでは?と思うのだ。(今回の本題)
そう、「リョナじゃ無いが流血のある創作」を見て思った事だった。

ハイブリッド、って何だ?
web拍手 by FC2

【More・・・】






ここまで逃げ切れたのでここでまた別の話。

今年は何も無い年だな、と、そう思ってましたがどうやらそうでもなく、
ひとつあげれば、今年で初音ミクが10周年らしいすよ。
つまり・・・初音ミクさん今年で26歳説
(2007年8月31日に、初めてこの世に降臨したため)
・・・で?
だからって、なんなんでしょう?って事ですよ?





どういう事か、ここに足を踏み入れて長い方ならもうお解りだろう?

・・・つまりそういうことである。


(同い年?)
いやこれを考えると、サザエさん次元問題も取り上げないといけないのですが。
少なくとも「当時は」お互い16歳だったそうな。
今更知った事実ですが、むしろ今気がついたのが好機だったりしなくもなかったりします。
主にあの3月の無茶から始まった事ですが。突発的にやったけど結構影響あったのだろうか??

そんなこんなで、そういう「運命」を、感じながら、今年を、
(主に8月まで)過ごしていこうかと思います。

と言うわけで、



Happy birthday ツー 俺.
誰の声かって?



本当の出会いとは、
本当に苦しい時に、
現れるものだと、
少なくとも私の人生はそうだと感じた。
そしてそれは創作においても例外ではなく・・・
23:59  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1683-e2f4ff43

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |