フィナステラ海洋日記
これが君の望んでいる「海洋-ニッキ-」
久々に休日を謳歌した話
という事で、久々の2連休らしい2連休でしたので、土は外でやり残した事、
そして日は、今まで観られないでいた2016年度冬アニメを回収しました。
・信長の忍び(テンポ良かったで賞)
・にゃんこデイズ(デフォルメは正義で賞)
・うらら迷路帖(優賞)

ひとことは、ひとことつぶやきにて。
今日は、とりいそぎ、一番下、うらわについて(←


あまり核心に迫るとネタバレになるので、今回は当たり障りのない全体観だけ。
私はアニメの方から見た人ですが、アニメの完成度はとても良かったと思います。

アニメ読みながら原作である漫画も読み進めていましたが、原作のベースを忠実に再現しつつ、その上違和感なく辻褄合わせを差し込んでいく自然な編集。
シーンとシーンを挟む秀逸な挿絵。
この作品の見せ所である占いシーン。
深夜時間特有のちょっとした色気描写(しかも若干オリジナルも盛り込まれる)
どれも平均以上の質だったと思います。(そもそも平均がどこなのかってのがありますが)

友情とか、シリアスも、深すぎずいい感じに心に刺さる鋭さで、
その重さ加減は「これ4コマだっけ?」と思わせるほど。(もともと原作がコマ無視という秘術使ってますが)
これなら、1クールとかじゃなく、もっと引き延ばして1年期間で放送してても観れるレベルだと思いました。
原作はまだ続いてるようなので、是非2期とか続いて欲しいな~って。(信長の忍びは情報収集不足で1期のすぐ後ろに2期が来るという超展開でしたが)
個人的な嗜好もマッチして、良い作品だなと思ったうらら迷路帖。
この作品を紹介してくれた方には、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとう。

現在4巻中3巻まで読破。アンソロも、余裕があれば。
作者知らないひとだったから敬遠しちゃったんだよな・・・・・・
3巻からアニメ範囲を超えていて、4巻は完全にアニメ触れてないっぽいので楽しみです。
みんなも読んでみたり観てみてね。


以下、ネタバレのようでネタバレでない何か。
「激しく同意」したネタなので、見ても問題ないかなって。



koume3_201704.jpg
いえてる・・・・・・

いや、これだけじゃないですが、
小梅に対する私が持つ好感度は、触れ始めと比べて上がりました。
いや、基本的に作品に触れれば触れるほど、キャラに対する知識が増えるので、「嫌いになる」という事は稀ですが。

うらら迷路帖には致命的な欠点が1つあります。
それは、「めがねガール」がいないこと!!

え?大した事ではないって?
ええ・・・でも私には毎回ごちうさが完走できなかった理由がこれにあるのではと思っています。

・・・え?




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)