2017'02.19 (Sun)

この記事書いて結局2時間も掃除時間が減りました

【2/5から始まった部屋のリフレッシュ】
進捗度:70%(人を呼べる位の広さにはなった)
残仮題:
・本類の収納スペースの増築
・作業領域の確保

作業中に出土した遺物たち(ほんの一例)
・ポケモンキッズ(それ以外のシリーズも少量混入)
・ララナギの熱血青春物語(あれすバレーの漫画)
・ペパっと(当然期限切れ)
・4~5年前の購入した薄いあれやこれ(やばそうなの含む)
・10年以上前に連載が始まった漫画


そして今日出土した上級遺物はこちら。
phina_s_ani_yoko_001.jpg
いつでも 記憶の片隅に

まだキャラゲーを作ってた頃の話すね。
・・・じゃなくて、アニマル横町すね。ここでも度々話題に出てくる。
・・・・・・古い記事を漁ってから我に返った時の上昇負荷が半端ないことに。
(上昇負荷?後記事述)

いえいえ本当、今も毎年コミックス買う程度には思いを寄せていますとも。
歴史を感じます。人間関係において頭の悪かった時代の歴史が。


以下、駄文と、現在と。
web拍手 by FC2

【More・・・】




昔の記事程面白く無いものは無いけど、
それ含めて全て今現在に引きずってるのだと。
きっと生きている間はずっとそうだ。死んだ時に、歴史の一部が消失する。



phina_s_ani_yoko_002.jpg
こんなお恥ずかしい特急遺物まで。

――ここまでが、バカッターとの境界――



アニ横作者がけものフレンズについてつぶやいた話
これ。
普段の有用な呟きの100倍近くまでRT&Fav数が増えていて、ああこれが流行りの力かと再認識されると同時に、
これってアニ横への風評被害になりそうな一面もあり、拡散者は慎重な行動が求められるでしょう・・・・・・
一応女児向けの作品ですからね・・・。
時代を先取りしすぎた感ありますでしょうが、逆にそれが良かったりします。変に二次創作が介入しないから。
一応女児向けの(以下略)


けものフレンズが流行る

サーバルやトキらのイラストが多方面から投下される

二足歩行のけものキャラが流行るようになる

身体はキテレツど~ぶつコメディ☆を求める

ぎゃろっぷがアニマル横町の2期を作る

流行りの改変って、所謂言葉遊びみたいな要素が強いので、割と頭を使わずに使われがちですが、
いざ自分が真面目に改変を検討してみると、(そもそも可笑しな行為だが)
これが意外と難しく、「元ネタの風味を崩さずにいかに自身がネタにしたい要素を盛り込めるか」という技術力勝負になります。
そもそも、流行に乗っかって反響力を得ること自体が、本来はどうかな、って思われるべきなのでしょう。
だから誰か早くステまの音ゲー移植を早く・・・・・・


そんなアニ横も、今もなお「りぼん」にて連載中でして、
最新巻が2017年3月に発売されるそうです!
20「17」年に「17」巻ですよ!すごーい!

で、過去のお話をピックアップして読んでみると・・・・・・



(7巻の中の話)
phina_s_ani_yoko_003.jpg
2017、17、7

「そういえばめがねガールズの先生いたな!」という話に進展し・・・、
昔では恐らく有り得ない発見です。(あの時は精神的にも不安定な時期だったし。)

幼稚園の青森あこ先生25歳独身 だよ
ああもうこれ私的パワーワードですわ。全然OKOK。
まあよくもこうちょうど良い時期に出土したものだ。これもスカイタウンの悔しさあっての出会いだね最高だね
(ちょうど良いって年齢的な意味ですか?)

フィナさんはいつだってめがねガールズを応援しています。
今も昔も、潜在的には変わらない譲れない一つの「タイプ」だからでしょう。



更に駄文
あみちゃんとあこ先生
(あれ?もしかしてこれって・・・・・・)

sLotNoNiQ_PY_0001.jpg
(そういえば2015年で「終わり」とか言っておきながら2016年もやってたな・・・
 2017年はやらなかったけど。
 そういえばアコール先生って、その年齢不祥さに関して煽られた事に物申したら、
 その記事に対して煽られた青らるる記憶もあった。
 今となってはそれも歴史の積み重ねとして心に刻まれ続けている・・・・・・)


こういう偶然も、僕的には十分奇跡だと思うのです。
23:59  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1651-aad6ce2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |