2016'10.16 (Sun)

今日の今日は明日の明日

はい、2016年10月も中盤差し掛かりました。
今年は月の半分がちょうど満月なので、気持ちの切り替えが楽です。

そんな中、秋の夜長に舞い降りた本が登場しました。本当今年はゲームだけでなく本にも恵まれてる気がする。
普段は廃墟を巡りたいだなんて思っている日々でしたが、久々に心がほっこりした、そんな本でした。
それが、こちら。



today_s_hopma_san.jpg
今日のノルマさん(全2巻)

です。ノルマさんです。



シャレ じゃ ないよ!

以下、駄文(気合)
web拍手 by FC2

【More・・・】




・どんな本?
紫陽花中に転校してきた星野ルマ子(ノルマさん)が、日々いろいろなノルマに挑戦していく日常系4コママンガ。
内容としては、本当日常系だな、っとまとめられてしまいそうな内容ですが、
この中に含まれるさまざまな成分が、ことごとく私のツボを刺激してきたのでこの記事が生まれました。



・主な登場キャラクター
主にクラスメイトの5人を中心に物語は進行します。
hopma_c1.jpg
星野 ルマ子(ほしの るまこ)
あだ名はノルマさん。正直に言うとシャレで買いました。すみません。
因みに、星「のるま」子、というかなり奇抜な抜き取り方をされた模様。
事あることに目をキラキラさせる。かわいい。
どうやらお家の事情であらゆる事柄に対する経験値は低いらしい。
経験値が低いだけで、EXPの取得効率はかなり高い。かわいい。

hopma_c2.jpg
青葉 優雨(あおば ゆう)
某猫アルバイトと一文字違いだが、だからといって共通項があるわけでもない。ただしトラブルメーカー。
今の時代で言えば・・・御VAKAと言った所か。
でもなんだかんだで、憎めないキャラだし、
こういう自由奔放さ故に、最も順応能力が高かったりする。

hopma_c3.jpg
蝶番 ベランジェール(ちょうつがい べらんじぇーる)
金髪と言ったら高飛車ツンデレ。まさにテンプレ通りの御フランス系女子。
十歳前後の頃に日本にやってきたというのに既に日本語ペラペラ。
因みにNUMBER OF BUTTERFLYとは呼ばれないし、お嬢様独特のビンタもないのでその点は安心。
何気に苦労性ですね・・・・・・

hopma_c4.jpg
芋畑 あおい(いもはた あおい)
美味しそうな名前すね。秋編があったら・・・・・・
ここの人曰く、桃髪眼鏡女子で3連コンボらしい。
眼鏡キャラにしては珍しく勉強、スポーツ共に高スペック。文武両道。
↓の子とは幼馴染。

hopma_c5.jpg
梅里 牡丹(うめさと ぼたん)
↑の子と幼馴染。決して「ちっこい」とは言ってはいけない。
本作の最も切れ味の高いツッコミ役。見た目、ミオンちゃんとロゼちゃんを足して2で割ったような見た目をしているが、物語の後半でもう8割方ロゼちゃんにしか見えなくなる事に。
頭のリボンは、つまりそういう事である。
4コマ系の中では貴重な和の心を持ち合せている女子である。


つまらない也の説明ですが、読んでみて解ったのが、
各キャラ、きちんと役割が持っていて容姿はもちろん名前まで覚えやすかったという事。
近年の「なんか幅広く作品買ってキャラが覚えきれない現象」ある中では非常に有難い事である。



・やっぱこれだよね・・・デフォルメ調
ということで、
ここまで読んでくれればご理解いただけたであろう。このぴょんぴょん具合が。
躍動感あふれるキャラにこの描写・・・デフォルメはいいぞ。

ノルマさんの衣装あれこれ
hopma_m1.jpg
コメコさん涙目
いや米良いですよね。土鍋炊きも。

中学生らしく制服はもちろん


hopma_m2.jpg
BeatStream?
何気にノルマさんジト目率が高いのもミソ。

かわいらしい私服だったり(やたらと私服が多いという報告有り)


hopma_m3.jpg
そのキラキラがまぶしすぎて

直視できない・・・そんな
尊い水着姿とかも。

とにかく、どんな服装でもかわいらしいデフォルメ系のデザインにも注目していただきたい。
かつての「ちっこいんちょ」とかを思い出させてくれるような、そういう感じの。
「感動でキラキラ」と言えば路線外しますが、

today_s_rose_chan.jpg
この子も(うわあぁぁぁぁぁ机から崩れ落ちる音)

ノルマさんたちとくっついたら良い友達になれそうですね。



でも等身的には
hopma_m4_1.jpg
2~3等身が最高。最高だ・・・
きゅう、ってしたいですよね。そしてそのままグリモワルへトリップして返って来れなくても。



・この本が特別良いとされた所
私が途中まで読んでて気が付いたのですが、この作品、
惜しいことに2巻で完結してしまっています。
なんということでしょう・・・この作品はもう少し見ていたかったんですけどね~
そんな感じで2巻を読んでいたら・・・

―!!

この「点から線へ、そして面になる感覚は・・・!」
後から気が付いたのですが、この作品すごい伏線だらけです。
この記事を書くのに準2週した私が言うのだから間違いない・・・はず。

1巻は各キャラの味を覚えるだけの展開が多かったですが・・・、
2巻(私服が多い方)で、各キャラの過去話や謎などが一挙に解かれることに。
やはり特に、ノルマさんが中二まで外界へ出られなかった理由を説く話は、変にシリアス好きな私にとっては涙を流さずには居られない展開でした。(いや実際は堪えたけど)
4コマなのにきちんと物語として成立しているのは、個人的に大きく共感を持てる構造です。
そこには、今年よく心に留めた「成長」というテーマが強く紐づいているからではないかと思います。

today_s_final_noruma_san.jpg
こういうかっこかわいさも、私は好き。

ここまで感化されたのも、おおよそ9月くらいから始まった「周囲の環境の変化」だったりするのでしょう。
この1ヵ月と半分辺り、私情(と少しのネット事情)が、今までの自分を否定してきてならなくて、精神的に弱りかけていた時期でもありました。
「ロゼたそ」という大きな盾をもってしても、「予感」も抱いてはいたが・・・、です。
過去を捨て、新しいステージに立つこと。当然不安はあるものの、「一歩一歩、前に進むこと」と、「それを達成した時の喜び」を忘れなければ、必ず未来はあるものだと。
ノルマさんは私に、その、大切な事を教えてくれたのかもしれませんね。彼女の身をもって。

今日のノルマさん2巻が発売されたのも2016/08/27。
ちょうど私がくじけそうなタイミングで舞い降りたあたりも運命を感じさせられます。
秋の夜長、何かと立ち止まりがちなこの時期ですが・・・、
この漫画を読んでほんわかさせられながら、今一度ノルマを設定することの大切さ、達成する喜びというものを再確認してみてはいかがでしょうか?



・最後に
ここまでの駄文を読んでくれた人(そうでもないけどな人も)に朗報(?)!
今日のノルマさん、つい先日コミックスで完結巻が出てしまいましたが、まだお楽しみはあります!!
2016/10/31(当日消印有効)で、完結記念と称して色紙プレゼント企画があるらしい!です!!
この、はがきを出すことすら面倒くさがっている私ですら動こうとしている(まだ動いていない)のですからこれはやばい。
先生に、励ましのお便りなんか出すなんて過去に指折り数えた程度な物ですから、このチャンスは逃したくない!
そしてあわよくば抽選に・・・!(でも今年もうすでに2回当たってるし過去に当選した例ないしもうダメもとな気分で)
私も今からどのキャラでリクエストしようか迷っています。・・・この際5口応募してみる?


「今日はここまで。」

タグ : 殿堂入りした記事

23:59  |  KK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1595-a7b899f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |