2016'05.06 (Fri)

きたるとき

いよいよ明日

web拍手 by FC2

【More・・・】




公式との接点は、今までになかったわけではなく、
しばしば首を突っ込む機会はあった。
しかし、これまで以上に意識していた。

そう思うのは、過去に割と失敗してきたからなのかもしれない。
色々原因はあったが、やはり一番の要因は・・・
より深く探究したいがために、自分の制御できる範囲以上に情報網を拡げた事か。
そして、自身のキャパシティの限界を超えた瞬間、その作品そのものが刹那にどうでもよくなってしまい、
・・・やがて消えた。
そして、その穴を埋めるべく、新しい作品に手を触れては、以下繰り返し。
破壊と再生を繰り返してきた。誰が上手いことを言えと。

さて、今回も同じ結末となってしまうのだろうか。
もう、そんな目には遭いたくない。というよりか・・・、
もっと長いスパンでこの作品を楽しみたい、といった方が正確だ。
ただでさえ攻略面ではほぼ他人との関与は無く、どちらかと言えば世界観の考察、知識欲の充足が主となるこの手の表現。
無駄に拡げようなんて考えなければいくらでも自衛できるだろう。

そして今回、直に公式と触れるイベントが明日、開催される。
実際に制作サイドと会える機会はミューガン以来だろうか。
あの時はだいぶ、いや相当激情に任せていた時代だった。
思い出すとあの時の絶望がよみがえるので割愛するが。
寧ろ、その失敗らがあってこその、今回のイベントだと思いたい。

過去のイベントが楽しくなかったと言えばそれは嘘ですが、
それにしては、あまりにも楽しんだ時期が短かったようです。
今回は、もっと、ずっと楽しみたい。
より深く知りたいのもそうですが、そちらの気持ちの方が大きい。
私はあの姉妹作ヒロインが大好きだから。

つらつらと私情を流してきましたが、考えることはただ1つ。
今後この作品とどう付き合っていきたいのか?
それを再確認する良い機会になるかもしれない、と。


えっと


純粋に、楽しみでしょうがないです!!
20:00  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1530-0bc9ea6b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |