2015'11.08 (Sun)

[仮装舞踏会] マスクド・ピカチュウ

stop_moving_201511.png

さて、勝率も、当初の裏目標だった60%を達成しました。
ポッ拳、そろそろフェードアウトしていきたいですね。
と、その前に、一緒に戦ってきたきた仮面ピカ・・・マスクド・ピカチュウの今までの「まとめ」的なものを、蛇足程度に垂れ流します。
適当に読み流してやってください。

やはりどれにおいても「それなりに」しか成長しない。
時間をかけてないといってしまえばそれまでだ。私にはぴょんぴょん移り回るのが適している。
web拍手 by FC2

【More・・・】




つまり、これってマスクド・ピカチュウの対策案でもあるんですよね・・・
敵側に対策されたら、違う行動パターンで動くなど対策をとりましょう。


基本性能
仮面ピカは、ピカチュウと同じく、共鳴ゲージの溜まり方が非常に速いです。
2回、こちからフィールドフェイズ→デュエルフェイズに持ち込めば確実に満タンになります。
・・・ですがさらに、これを1回でも満タンにさせる方法があります。それが、「フィールド上の共鳴エネルギーを取りながらフェイズチェンジする」事です。
試合が経つと時々、フィールドにエネルギーが発生するので、それを足の速さで拾いながら立ち回るのが良いです。
エネルギーの出現パターンは、ステージ毎にある程度決まってます。まずはそこを覚えることも大事です。
以外と忘れられがちなフィールドフェイズのルール。ここを確実に支配することでグンと勝利に近づくでしょう。

立ち回り
このポケモン、今のところヒット&アウエイで立ち回るのが強いと思います。
フィールドフェイズでは、時間を使って相手の癖を調査しながら、隙を突く。
デュエルフェイズでも、相手を錯乱させながら初弾を当てて、そのままフェイズチェンジ。
どのキャラでも言える事ですが、「相手の苦手な間合いで」細かく動き回る事が大事になってきます。
そのため、1撃で大ダメージを与えていくよりか、確実にダメージを取っていくことが要求されたりします。
とはいえ、火力が無い訳でもないので、攻撃がヒットしたらちゃんとコンボを繋げていきましょう。

具体的な立ち回り
(個人談です。これを真似しないでうまい具合にブレンドしてアレンジしてください。)
フィールドフェイズ
とりあえず後ろに下がって壁ジャンプを使いましょう。
壁ジャンプの効果はHP回復(10)と防御力アップ(5秒)、重ねがけできるみたいです。(2015年10月現在)
効果の効き目も、なかなかバカにできないもので、生存率がグーンと上がります。
ただ、結構隙が大きい技でもあるので、相手の飛び道具などで着地の隙でダメージをもらう場合がある事は覚えておいてください。
後ろなら、バックシュート(後Y)からの壁ジャンプが良いでしょう。サイドシュート(横Y)からの壁ジャンプも、中盤戦で後ろに下がれない時に使いましょう。
壁ジャンプは、各種ボタン長押しでできます。(バックシュートならY長押し
基本的にこれをしてるだけで相手側は近寄りづらくなるようです。

相手が近づいて来たら、とりあえずブロックをホールドしておきましょう。
仮面ピカのブロック攻撃は、前進しながらタックルします。後述すると思いますが、距離は1ステップ分。結構長い。
密着してない、ちょっと離れた所でブロックを仕込んでおけば・・・、
・相手が攻撃→ブロックで受け止めて反撃
・相手がブロック→満タンまで溜めてブロック貫通(基本ブロック同士は先出有利)
・相手が投げ
→離れているから、近づいてくると思います。ステップで回避するのが理想。
と、割と安心できる行動になります。仮面ピカのブロック攻撃は強いタブンネ。

後ろに位置取りしすぎて追いつめられた場合
密着しそうになる前に、かげぶんしん→でんこうせっか横移動で、広いスペースへ逃げましょう。
中央のエネルギーを取りたいときとかにも重宝します。てかこれも壁ジャンプ派生するのか。

攻める時は・・・、あまり積極的に攻めない方が良いですが、やむを得ない時。
ほうでんは前ステップしながら飛び道具を撃ちます。弱いシュート攻撃なら掻き消して相手にHITする事も。これでじりじり詰める。
相手がシュート攻撃で迎撃するようなら、ジャンプしたり、ブロック攻撃で受け流します。
ジャンプの場合・・・小ジャンプから格闘すれば、隙をそのままつけます。確反おいしいです。
ブロックの場合・・・密着ならブロック攻撃、少々離れているなら前ステップ→投げ。はやい。
ブロックキャンセルでぴょんぴょん攻めていくのも面白いかも。
忘れたところに横方向からのホーミング格闘も、意表をつけて良いです。


デュエルフェイズ
遠距離
無理して攻めない方が良いです。ほうでんは読まれないように不規則に放つ。
相手が遠距離タイプであれば、近づきたいので、ブロックキャンセル駆使して頑張って近づけ。

中距離
基本的に体力リードしてるなら、この距離を維持して戦うと良いかもです。
ブロック仕込みが基本。ステップの隙が短いので、ブロックしてHITしないと思ったらサッとステップする。
隙の多い攻撃を受け止めたら反撃。飛び道具なら、ステップで反撃できそうなら前、無理そうなら後ろで再びせめる機会をうかがう。
フィールドフェイズと同様、ブロック攻撃有効範囲ギリギリくらいの距離でブロックすると、非常に頼もしいです。
相手がジャンプを多用するなら、ほうでん溜めをすると、対空になります。

近距離
あまり好きじゃないです。読み違えば大ダメージ食らうので。
基本的にダウン起き上がりの駆け引きだけにしたい距離です。
距離を離す場合は、ブロック仕込んでバックステップすると安全に離れます。
バックジャンプ→空中回避(Rボタン)も、それなりに距離を稼げます。

画面端を背負った
ジャンプ→空中回避→壁ジャンプで、相手の頭上を確実に越せます。
普通にやったら攻撃に潰されるので、サポートポケモン使ったり、攻撃を1回ガードしたりしてから回避行動するのがベター。
反撃に成功したら、前ジャンプ→空中Xで相手を飛び越す事も可(ジャンプだけでもイケる?)



起き攻め関連
起き攻め「する」側
相手が起き上がった直後にブロック攻撃が基本かな。投げや空中に浮きだす技以外なら対応可。
空中に浮く攻撃も、隙が大きい技ならバックステップ→反撃とかもできます。それ位クイック
ガードが硬いようなら、前ステップから投げとかも有効。全キャラ共通ですよね。
投げ対策であれば、上Xがオススメ。ヒットさせたら追加攻撃までタイミングよく出しましょう。
ブロック貫通なので、ブロック反撃のリスクはかなり低いです。安定行動。
リスクを極力抑えるなら、起き上がり直後バックステップ→ブロックで様子を見るのもOK。隙の大きい技を仕込んだり、リーチの長い攻撃を受け止めたら更に反撃。画面端ほど効果が大きい。
基本的に起き攻めのバリエーションは多いです。自分のあった方法を見つけられるとイイですね。
【メモ】
X:密着よりも、少し離れて使うと良い。ブロックされたらドンマイ。
前X:分かりやすいハイリターン技。コンボ始動技だし。
上X:安定する起き攻め。しかし対空技に潰されます。
YXX:あんまり美味しくないけど、対空されそうな場合の保険。
(ピカチュウの上Yみたいな技に)空中A:スパークで咎めましょう。
(遠距離)前A:ほうでんを重ねれば、もしかしたらヒットするかも。
ブロック:安定行動。投げられたら、そこから対策考えれば。大抵の攻撃は吸収できる。そこから各種対応。
投げ:反撃のリスクは大きいけど、キョウカ状態おいしいですよね。

起き攻め「される」側
相手にもよるんですけどね・・・正直一概に言えない。とりあえず特性だけ。
1発逆転を狙わずに、確実にガードしてから回避か反撃を選択しましょう。
【メモ】
ガード:一番無難。攻撃の合間でブロックを割り込ませることも可。要練習。
ブロック:ガードよりも反撃思考気味。当たれば逆転の切欠に。
バックジャンプorバックステップ:だいたい攻撃で潰される。投げは回避できる。
上Y:言わずと知れた対空。かわいい。ぴょん*2
上X:投げを読んでクリティカル。ヒットしたら追加攻撃を忘れずに。
下A:相手が確実に攻撃だと分かってるなら有効。ただし外したら・・・
基本的に3竦みにそれぞれ対応したブロックガード上Xを覚えておけばOK。これがポッ拳の楽な所。



共鳴バースト(バーストアタック)
使いどころですが、1ラウンド1回使っても良いくらい。せっかく貯まりやすいんだから、バンバン使いましょう。
とにかく、ラウンド負けそうで満タンならバースト吐くくらいの気持ちで。負けて30%スタートでもフィールドフェイズで取り返せば良いのです。
バースト中は常に強化状態なので、逃げバーストだけでなく、積極的に攻める事も出来ます。
特に強いのがほうでん。もちろん反撃のリスクは伴いますが、超遠距離であれば、その飛距離を生かしてどんどん削るのもアリ。
しかも当たれば麻痺。確認できるほどの腕持ちなら追撃もできます。(遠距離ならもう一回、中距離なら前Y連打、近距離なら前Xからの各種コンボ)
バースト中は近づいて固めるのが一番期待値が高いです。ガードされても削りダメージで。
でんこうせっかで一気に近づくのも良いでしょう。ガードされても若干早く動けるかも。

バーストアタックは、タックルしながら前進。ルカリオよりも短くて、遅い。ジャンプでかわされる。
ヒットしたらそのままサマソルト。ガードされても距離が離れる。キュウコン越えは相手とキュウコンの距離が相当離れてないと無理です。
BAvsBAはキャラによってですが、大体負けます。
BAのダメージは、結構大きいです。少なくともピカチュウよりはダメージ大きい。そして攻撃防御バフかかるからその後の展開もかなり有利。



壁ジャンプメモ
後Y→壁ジャンプ→空中Y
とりあえず防御デバフ付けたい方に。バックシュートは、相手を追尾&地上ヒットで麻痺なので、出しておくだけでも邪魔です。はい。
ただ、これでも距離によっては着地を狩られる可能性が有るので、過信は禁物。
後Y→壁ジャンプ→空中X
ジャンプ格闘は、相手を追尾します。けっこうはやい。
バックシュート壁ジャンプしてからこれやると、バックシュートの電撃を追うようにして攻めます。
この動作、相手側で見たことないですが結構プレッシャーなようで、ガードを誘発できます。
もしジャンプ格闘をガードされても、こちらから動けるので、ちょっと有利です。
ブロックされたら御愁傷様。距離が遠ければ相手に当たらず、直前で着地できるけどね。
後Y→壁ジャンプ→R→壁ジャンプ→空中Y
壁ジャンプを2回できます。10秒バフ。
余程距離が離れて無ければ対応されやすいです。が、それに見合った効果あり。



良く使う技
とりあえず最初に覚えると楽な技
X
発生の早い広範囲攻撃。すなかけ。
空中ヒットで相手が大きく浮くので、そこから追撃可。
なぜか起き攻めで良く当たる。

前X
1段目は発生が早く、2段目は当たれば宙に浮くアッパー。
とにかく使い勝手が良い。2段目なんか対空兼ねられるし。
画面端で当てれば壁はりつきもできる。

下X
某リスの3Cみたいな攻撃。
低姿勢なので、いろいろ躱せるらしい。仮面ピカのほうでんとか(←

前Y
やや離れたところから出しても当たる。若干奇襲要素アリの攻撃。
強化状態の場合、2段目が当たれば麻痺します。
跳ねながら攻撃するので、反撃されても躱せる事があるのも魅力だったり。

前A
即時発射で1WAY、最大まで溜めると縦方向の3WAY。
溜めほうでんは空中に対して最強です。
強化状態で地上ヒットすれば相手は麻痺します。
一部サポートポケモンと連携して追撃できます。確殺!
でも、伏せ攻撃で確反とられたりします。ワンパにならないように。
あと、溜めモーション中にRでキャンセルできます。これ重要。
立ち回りには書かなかったけど、これを駆使するだけで相手の行動を制限する事も。

後A
空中の敵にも当たる。反則投げ。
強化状態で生当てするとかなり減る。
投げ属性ですので、相手の攻撃に潰されます。
投げ技なのにデュエルフェイズで掴んでもフェイズ変化起きません。キョウカ状態なら起きます。
どっちも、移動属性低下のデバフを与えられます。
コンボ中にこれを組み込むこともできる。
フィールドフェイズ中に強化エレキネットをHITさせると、ダメージを与えてフェイズ変化した際、何故か相手のHPが回復する


封印でもOKな技
空中A
ブロック属性なので、ガードされると投げで確反クリティカル貰います。
空対空で強いらしいですが、狙って出さない限り・・・とっさに出せるものじゃない。
地上の相手にこれ当てるくらいなら地上で相手した方が良い。

下A
※相手の攻撃に慣れるまでは封印推奨
ブロック属性なので、地上の攻撃を受け止めながら突進します。
地上でヒットすれば投げられます。あと、体力を消費します。痛々しい。
ヒットして投げられれば相手はダウンするので、壁ジャンプで回復する時間ができます。ただ距離が近いのでそのまま攻めるのも○。
共鳴中(強化状態中?)でやたらと減る。
当たりさえすれば強い技ですが、現実は非情である。
まずこれを適当に出してもガードされて投げで確反クリティカル貰います。ブロックされても反撃されます。
理想は、「忘れた頃に飛び出して相手のメンタルを挫く」使い方。
私は1ラウンド、ないしは1ラウンドに1回使うかの頻度で出してます。おくのて

上A
この子はきっとポケコンボのために生まれたわざなんだ。

ポケモンわざばかりじゃないか!?使いどころを誤りさえしなければ・・・



思いついたように書いてみたけど、これ、waste of timeな気がして来ました。
良いんだ・・・これでしばらくはポッ拳から離れられれば・・・・・・
フィオネが来たら起こしてください(定期)
23:59  |  KK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1448-efe74861

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |