フィナステラ海洋日記
これが君の望んでいる「海洋-ニッキ-」
ポッ拳と向き合ってわかったこと
そぐわない!
主に時間対費用が!(

とはいえ、イベント参加するまで「触れてしまった」ので、引くに引けなかった訳ですが。



以下、言い訳ゾーン



なぜここまでやってしまったのだろうか?
何処かでペースを落とせなかったのか?
チュウニズムにしてもそうですが、この双ゲームの総ゲーム数、やりすぎです。
幸運にもガチャスルー出来た分が一気に流れた感じですね。

基本的にやり続けるのには、目標があってなのですが、
私に足りないのは、「一旦引くこと」です。
目標決めたら、即日で決める。長期的な目線で見ることが出来てないんです。
目標がそれで達成できれば良いのですが、当然うまくいかないこともあります。
それでもギリギリまでやりつづける。しかし集中力も落ちつづけるので、結局時間切れ。
そして初めて気がつくんです。あの時やめとければ・・・と。

二度とこのような惨劇に遭遇しないためにも、今回何が原因だったのか振り返らなくてはなりません。
とはいえ、もう解ってるんですけどね。「周り気にしすぎ」
要は、自分のペースで計画が立てられてなかったです。
それがうまく行ってたのが、去年冬のジングルベル収集イベント。
あれは個人が走れば走るほど上位に食い込めるので、あまり周りを気にしなく計画・実行出来た。
今回のチュウニッ拳は、初めは自分の技量に沿って無駄無いプレー計画を立ててたのですが、いつのまにか他人と比べることを目標にしていました。

結局、その闘争心がむき出しになった時に、ことごとくうまく行かないケースでした。
そもそも、他人の行動により直接影響する指標など、目標でもなんでもないんですけどね・・・

そういうことで、いつものまともじゃない締めくくりですが、
「上手くなる」とか、「上位がんばる」とか、それは向上心があって非常に良い心がけです。
が、他人を打ち負かそうなんて、間違っても考えてはなりません。
あなたが百戦百勝の勝負の女神なら、別に良いですが、私にはそのような生き方は合ってなかった。

あと、度が過ぎそうになったら、止めてくれる存在も非常に大事です。
そういう意味での他人は、既に他人ではなく大切な人ですから・・・・・・

わたし?耳を貸せてなかったですね・・・
春のニノンガチャから全く成長してない。







コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)