2015'10.05 (Mon)

定期報告DEATH

MARON_UNION_2015P.jpg
こんな時期になっちゃったけど、秋めいているから、大丈夫だ問題ない。

そんなこんなで、なんだかんだで、
ぷよ主義、来ちゃってました(何

目的は言わずもがな。去年比で+1サークルさんかな?
ここではあえて紹介しませんが(そもそもこういう創作モノで安易に綱を渡して良いものか)

自分の好きなキャラが、こうしてグッズと化してくれるのには、嬉しいものがありますよね。

web拍手 by FC2

【More・・・】




さて、杞憂、本当に杞憂だと思いますが。
私程度の人間では彼女を、モンブラーナちゃんを抱えられるのか、問題。
つい先日、彼女と戦闘する夢など見た日には、その日中ずっと生きた屍と化してました。

この時期に投稿したのも、今日が同時期に登場してた西洋妖怪シリーズ(ドラウド3世やライカーといった、スマホでは属性込の割合ダメを与えるキャラ)のSR化が決まった(ぷよクエACの話すね)、
それを聞いて思い出したように書いたもので、要は彼女たちのSR化もついに現実の範囲内となってしまったことによる、
認知度の増加、そしてそれによる自分としての網羅性を満たせなくなるのでは、そういう不安がやってきました。

思えば、夏コミの時も、良くあの中で探せたなと、あの時ばかりは自分をほめてやりたかったです。
しかし、それと同時に、「たまたまそこでやっていた」という偶然の産物であったことを自覚しなくてはならなかったと思っています。
もし、これが海外での出来事だったら・・・、さすがに諦めていたかもしれませんが、
いずれにしても、私のこの眼でモンブラーナちゃんを見れなくなる時期、そういう事態の到来を意識し始めてしまった時期でもありました。

まだ慌てるような時間じゃない
とはいえ、ぷよクエACでケーキシリーズと言ったら、そのひっさつ技でGRの中でも飛びぬけた存在だったりしますが、
それが通常の戦術として成り立った時にも、少なからず「離れていってしまう」といった感情を感じたのかもしれませんね。
公式生放送の時にぎこちない中でもイラストを応募していたのも、どっかで今までの自分の存在を確立したかっただけだったのかもしれません。つくづく独占欲の強いものだと思ってたり。
そういう積み重ねって、きっとどこかで返ってくるとは思ってはいます。あくまで思ってるだけ。
話が反れましたが、大人の事情としても、追加画像の存在が、
有っては欲しいものの実現しないんじゃない?ってのが今の見解だったりします。

だからこその時の残酷さ
時代に置いて行かれる、と言われてしまえばそれまでですが、
やはり私も新しいものに目がくれ、今までの物をないがしろにしてきました。
新しいものを追っていくうちに、今までのものに割く時間が無くなる。
ごく自然なことですが、それも一種の「別れ」なんですよね・・・。
上手くこの問題を解決できれば・・・あるいは。


稼働から2年が経とうとして、まだ2年なのに手放すのか・・・とか思い始めてますが、
私の意志は ここにいます
と締めくくりたいと思います。(何
22:00  |  ぷよクエ(AC含)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1425-604a2ed6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |