2015'02.01 (Sun)

この世から去る時に、まとめて引退しよう

その場から身を離れるという意味での「卒業」とか、

いわゆる「引退」とか、

それはただ単に自らの行動範囲を狭めているようにしか見えないのはなぜだろうか。

例えば、ここでも例外なく
web拍手 by FC2

【More・・・】








re_birth_BTBT.png
待っていれば

そういう私も、かつては「パズドラ引退します!」なんて言ってたんですね。
今回みたいになった事の発端は、周りの旧友が一斉に始めだしたから。
そして、少し調べてみて分かったのが、

バステトの入手条件の緩和(上図)と、
アルラウネの究極進化が実装されたこと。
この2点です。

特にバステトは、次の入手機会はおそらく3月・・・なぜ今書いた。
ガチ勢からしてみれば、両方ともどうでも良いことらしいですが、
ここ的には・・・お察しください。


結局のところ、威勢よく引退したところで、何か変わるわけでもないですし、
それなりにやったゲームであれば、その後も何かしらちょくちょく目にかけるんでしょう。
そして、その次には「ああ、これやったことあるけど今やらないんよね」と言う。

サービスの終了に伴うやむなしの引退や、音ゲーでよくあるなんちゃって引退や、
さまざまな形式がありますが、認知されたいがための引退は、なんだか無意味相になってないかという気がします。
一言で切れば、「だからどうしたの」という。余程の敵でなければどうでも良い話題だと思います。建前とか別に。

引退後の追加要素に一切介入できない、そういうリスクもある以上、そのような発言は控えるべきなんだろうなって。
この事象をもって感じたとです。
そもそも引退という言葉はスポーツ用語だけかと思っていました。あれはまた別の言葉の意味合いが含まれているようですが。



それは、考える事を放棄する事に同じ。
23:00  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1309-105d8c1b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |