フィナステラ海洋日記
これが君の望んでいる「海洋-ニッキ-」
ろこつさん

となりのなにげさん (4) (まんがタイムコミックス)となりのなにげさん (4) (まんがタイムコミックス)
(2015/01/07)
橘 紫夕

商品詳細を見る


完結しました。
もう少し早く知っていれば、あるいは・・・・・・

日常系の4コマといえば、露骨に「萌え」を狙ってくるものが一般的ですが、
この「なにげさん」は、所謂そのフォーカスから外れているのか、どうなんでしょうか、
そういった不埒な目線で読まずにいられる、そういう点では何度も読みたいと思わせられる作品でした。

登場人物は皆個性的で、かわいいです。可愛くなきゃ記事にならない
ただ、3巻あたりから、胸の話題が飛び出し始めて、その後も度々ネタにされていた場面がありました。
それはそれで良かったのですが、最終的に私はキャラの名前を胸の大きさで判別してしまう程までに洗脳されていました(、
つまりは、そういうエロスも、ここにはあるわけです。変に刺激されないレベルで。

本当に仲が良い3人姉妹。
最終的には+αで親御さんの存在も明らかにされましたが。
基本的にこのパーフェクトなアシストは、この3姉妹の絶妙なコンビネーションから繰り出されるもので、
なにげさんはオールラウンダー
レン様はドS担当(でもやさしい)
ユウちゃんはちまい癒し系(機械に強い)
それぞれが、必要に応じて現れては、助けてくれる。
もし、このバランスが1人よがり、そもそも1人しかいなかった場合、
きっとなにげさん自身が過労死する(そんなことないだろうが)んじゃないかなーだなんとも思ってしまいました。
何かをするのにも、最低限の理解者の存在が必要なんだなーって。余計な解釈ではありますが。

私の日常にも、なにげさんが付いてくれれば・・・・・・
いやいや、まずはだれにも頼らずにがんばる。さすれば、なにげさん、そこに現る。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)