フィナステラ海洋日記
これが君の望んでいる「海洋-ニッキ-」
2014年のぷよクエAC
上げて落とす

猫に小判

今までが幻想だった。そんな気もしてきました。
モンブラーナと最前線を征く。

今では、4色で連鎖しながら全消しとか、
3色でさえ、完全一筆で全消しとか決めたり。
今の私の実力では到底敵わないレベルにまで達していました。
それはただ単に練習不足ってだけで片付くのですが、
それ以上に虚しいのが、「全消し勢として最前線に立つフィナステラさんのフェードアウト」が、頭の中でチラついている事です。

全消しの先駆者とは決して言いませんが、ここでもいくつかのテンプレを紹介するほどには、
全消しについて考えているのは事実ですので、
それよりも上の技術、そしてダメージ効率に、追いつけなくなったのが単純に辛かったのです。
それが、ただキャラ愛であるだけでは済まないように。

「キャラ愛勢なら、そのキャラのできること全てができるんでしょ?」
それが私の持っている固定的な考えです。
これにら当てはめれば、今の私は全然キャラ愛勢してないってことです。
それについての妥協案は、最近の記事にても解決したのですが、ぷよクエACとして記事にしたのはまだだったので。

そんな感じで、これらの感情の変化が1年のうちに表れた2014年でしたが、自分的にはどうすることもできないですし、どうしようともしません。
ただ、1人のプレーヤーとして、目標を持ってプレーするだろうと。
なお、引きずってることがあるとしたら、今まで全消し勢orモンブラーナ芸人としてフォローしてくれた方々の期待を裏切ることとなることでしょうか。結局Twitterじゃねーかやっぱりあれはクソだな



本当、自分ってのは本当に弱いですよ。
人1人、愛す事が出来無いのですから。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)