2014'08.25 (Mon)

バグと少女

ホタルノニッキ。久々に紹介しよう。
ここのステージ紹介などは、必ずしも時系列に沿っていません。
大事な所だけ、ピックアップ。後はプレーしてお試しあれのスタンスです。

ステージ4
このステージは、今までの風景からガラッと変わり超自然的な光景となります。
ステージ自体の難易度もかなり高いですが、
その分だけ、全景をじっくりと眺める事の出来る場面だと思います。



当然、良い予感などしません。
追記伏せです。
web拍手 by FC2

【More・・・】

super4_01.jpg
・・・?

今までの露骨な罠と打って変り、
目の前にあるのは、人体には直ちに影響のなさそうな「もや」が。

ステージ4には、いたるところにこのいかにも怪しい役物が設置されています。
目の前に扉がありますが・・・試しに触れてみようとすれば





super4_02.jpg
げせぬ

当然、ミオンちゃんは天に召されてしまいます・・・・・・

さて、この壊滅した物体はなんなのでしょうか?
触れた瞬間、「ザザッ」という砂嵐の擦り切れたような音が聞こえるのですが。
これがノイズみたいでもあり、バグみたいでもあります。
そもそも、なぜこれに触れただけで死んじゃうの?・・・というのがあるのですが。


・・・このヘンテコなステージこそ、このゲームの核心であることは言うまでもありません。
このステージまで、記憶のカケラを取りこぼすことなく進めていれば、このステージの背景を、少しですが捉えられるようになっています。
角の生えたミオンの正体や、その製造までもね・・・・・・

廻る死という語り文句があるように、ここまで来るのに幾多の死を積み重ねているはず。
(初見では)
死ねばまた次の少女が送られる。アクションゲームではもはや見慣れた光景ですが、
ホタルノニッキでは、そのサイクルが冷厳に描かれています。
そうやって輪廻を繰り返していくうちに、少女の中に少しずつ、矛盾と言いますか、
なにか大事なものを少しずつ失っていき、かわりに意図しない不純物が埋め込まれていったのでしょう。

そんな、目の前の欲だけに目が行ってしまい、残すべき大切な記憶が徐々に脆くなっていくさまが、このステージの構成であり、
そしてその堆積していったもやもやが、あの赤黒の、
いかにも悪魔を連想させるモザイクなのかもしれません。





super4_03.jpg
はいはいワロスワロス

でも実際は違うかもね!!ファンブックはよ
最後に、こちらにありますのは所見殺し。
今、ミオンちゃんは上方の扉から椅子に飛び落ちてきました。

ステージの方向通り、右へ進み、扉に入ろうとすれば・・・・・・





super4_04.jpg
あっ

super4_05.jpg
BLACK HOLE!



super4_06.jpg


・・・という感じで、人を恐怖に突き落とす訳ですが、
(この発想、壊れている・・・)
良く見たら扉にまでモザイクが掛かっていたんですよね。
そういう危険まで予知できなければいけない時もあるんです。
23:00  |  KK  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

42th ZONE
ホタルノニッキってこんな感じのゲームなんですね。なんというか、インディーズの死にゲーって感じに思えましたが。それとミオンちゃんかわいいぞ。
ブランチ | 2014年08月29日(金) 01:32 | URL | コメント編集

こめんとありがとうございます

コメントありがとうございます!

実は貸した友人からも同じような事を言われました・・・!
もし当てはめるとするならば、インディーズがしっくりくるのかもしれません。
その人曰く、「これは流行る!」とか言ってましたが・・・果たして。

ようじょ いいんじゃないかな。・・・という事で話が反れますが、
「Lやりまーす」の実況でそんなやり取りがあったのを思い出しました。
生放送の物でしたが・・・時間があれば探してみるのも良いかもしれませんね。

ではっ
フィナレス | 2014年08月31日(日) 21:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1210-e869c36c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |