2014'05.19 (Mon)

ぷよクエAC 3色大連鎖全消しパーティーをやってみるなら―8,9,10コのパターン

お待たせいたしました。
3原色と黄紫を各1色ずつ変換に使って連鎖全消しを狙うパーティー。
その方法と、今回は「8~10コ」のパターンを紹介します。
この個数が、9連鎖以上を組む難易度が一番低いです。

あくまで、一例です。これよりも効率が良い方法がきっとあるはずです。

web拍手 by FC2

【More・・・】


 → 
時止めを駆使して、この形から、上手くあの形に持っていけ!
9連鎖パターンは後半にて





その手法

色変換をして、この形に持っていきました。青の数は9コです。
個数を数えるのも成功の秘訣です。忘れず行いましょう。
ならならならです。
さて、まずどこから整地すればよいのでしょうか?
人によりますが、私は折り返しから組み始めます。


①下段5列目に、青4を立てる
折り返しとか言いながら、いきなりそうじゃない所を組んでいるように見えますが、
カギ積みで折り返し含む2列を組む時、絶対に3色必要です。
言い換えれば、緑紫のみでこの2列を組むことは不可能です。
青4をここに持ってくる大きな意味が、そういう事なのです。
先にここに立てることで、視覚的にも見やすくなってるはずです。


②折り返しを組む
緑or紫です。(今回は紫を動かす)
ここでのポイントは、右上部分は5個つなげ、右下部分は3コにしておく事です。
原理が分からなくでも、こういうもんだと思ってください。
青を、あらかじめ右から優先して持ってくると、自然に残りの4つが緑で埋まるはずです。

 → 
③下段3,4列目を並べる
この時、4列目は折り返しで2連鎖分組んだ色にしてください。
すると、上段でさらに連鎖が伸ばせる場合があります。(後日別記にて加筆予定)
青は、1、2列目でも良いかな~っていう時もあります。(2列目かな?)
だいたいこの辺で時止めが終了します
悲惨な結末を迎えないためにも、早めのぷよ掴みをお忘れなく。


④一筆で下段を完成させる
縦4コずつ、下段が揃えば完成と言えます。
上段にくっついていても、一応完成です!
1つ気を付けるべき点とすれば、1列目の色は折り返し+4列目で使った色を使うと吉。
残りコ数が少ないはずなので、上手くいけば端に囲まれる形が出来上がるはず。
逆に、上の図、左下段2列の色を反転させると、最後の連鎖が組めないでしょう。


⑤薙ぐ
迷わず断てよ
間違いなければ、下段が綺麗にカギ積みになります。
折り返し地点でそのまま上に持っていき、
ちょうど下から6段目で上の図のように左に持っていきます。
②で、3-5に紫を分けたおかげで、折り返しが組めました。
配色によっては、この時点で9連鎖が組めています。
ですが、今回の配色ではまだ連鎖が完成しません

 or 
⑥上段を組む
折り返しに使ったのコ数が19コと、運悪く3個あまりでした・・・
3コあまりは警戒すべき配色であることは、前回のパターンで説明したとおりです。
青9、折返色19の場合、上左の図が9連鎖のパターン一例です。
上右のように、8連鎖に妥協しても良いでしょう。

今回、4891920でした。折り返しを色にすれば、もしかしたら楽に組めたでしょう。
余裕があれば、青以外の色に関してもカウンティングすると、より精密にパターン化できます。
ここの人は、まだそこまで詰めてません。(うーん、元から栗を使いたいだけなんだモン)





9連鎖パターン
青8
  

青9
 

青10
  

いずれも
紫16のパターン
紫20はチャンス目(11連鎖可)
23:50  |  ぷよクエ(AC含)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1142-e54846f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |