2014'03.29 (Sat)

セカンド ドラゴン

mono_mob.jpg
栗一点

数字上最高ダメですが、
この後最終ダメージで天使込青単に負けました。


mono_mob2.jpg
ギ,ギ,Xア「これが、結束の力!」(手を差し伸べながら)



火龍という事で、すごく心配していた難所でしたが、今回は何とか栗縛りを守れました。
マッチングありがとうございました!!
fire_dragon_2nd_dragon.jpg
100%達成後の出来事なんですよね・・・
web拍手 by FC2

【More・・・】




という茶番を終えて。
ここから先はまた少し蛇足をば。


・耐久ボスの誕生
今回、ぶっちゃけクリアだけなら激辛なので、「超」激辛ではないので、楽な部類に入ると思います。
少なくとも全体の育成が十分でない水龍に比べればかなり楽になりました。
が、しかし・・・
強ボス。これが今回の厄介でした。
2ステージ目のHPが8万あるファイヤードラゴン。
ここまでを最短で倒すことで登場する強ボスファイヤードラゴン。
コイツもHPが約24万と、歴代ボスHP部門でトップ。
ターンSを取るには3ターン以内に倒す必要があります。
単純計算で2ステージ目から1ターンあたり全体で8万、
すなわち1人当たり2万がSルートの条件。
当然、過去最高値のダメージ量です。敵の攻撃がそれほど激しくないとはいえ、生半可なパーティーでは、それは到底達成できないでしょう。
とは言っても、クリアだけなら絶対、拝むことができないです。
やりこみ要素のうちの1つと考えても、良いでしょう。


達成意識の差
ここまでオールSで取ってきたスーパープレーヤーにもなると、今回も1度はSを取得しておきたいところ。
スキルLv.上げのためにも、達成率的にも4%→6%しか変わらない今回のイベクエ。
受注条件が大まどうし以上や、クエスト自体の難易度も加わり、相当取りづらい感じになりました。
今までの高難易度のクエストは、マッチングすればメンバーはほぼ対策済みパーティーという事もあり、戦術さえ整えばSが量産できました。
今回のクエストは、クリアできれば良い層と、Sを取っておきたい層がミックスされた状態で、しかもかなり人口が多いように感じられます。
S狙いが4人集まってやっとSルートが見えてくる、つまりマッチングにかなり比重が置かれています。
私も今回は時報という方式で意図的に同じ考えを持った人たちとマッチングしやすい状態の中で取りました。
できればそれをしなくても行けるようなバランスが自分の理想だったりしますが・・・、
なかなかそのバランスが難しいところですね。


弱点克服
アプデ前、弱点補正×1.3
アプデ後、
3原色弱点補正×1.4(黄紫の場合1.2)
3原色耐性補正×0.8
かなり大きい差でした。
10,000のダメージを与えるとして、それが弱点を突いた場合14,000、逆の場合は8,000。
実に6,000もの差が生まれます。
赤属性のイベントなら、青属性でつけば、逆にGRでもワンチャンス生まれる圧倒的救済措置なのですが・・・
栗縛りだと、これが思わぬ足枷へと繋がります。
普通にやったらまずこのダメージは出ない。それがこのクエストが予告された時の考えでした。
実に1週間ほど考えたことになったんですね。実践へ投じるための「ならし」も含めて。
そしてできたパーティーについてはまた別の機会にでも。


今後
正直、春休みをぷよクエACに全て捧げてしまったと言って良いほどハマりました(
言い訳できないです。この記事が物語っている。
ただ、そんなハイペースプレーが出来るのも今くらいで、
4月からは自身の都合もあり、ペースは落ちるでしょう。
ちょうどこの火龍イベントがいい機会だと思いました。これ激辛S取れれば安心だろうと。
今後もちょくちょく遊びに行こうかと思いますが、出現率は大幅に下がります。
ただでさえ自分が首を突っ込み自爆するタイプなので、ちょうど良い感じかと。
本当、それ関連の知り合いが増えるのは良いのですが、それだけの人目に気を使うというのもまだ全然慣れないものです・・・・・・

今後も引き続きモンブラーナちゃんと一緒にクエスト回ってると思いますので、
その時はよろしくお願いします。
16:30  |  ぷよクエ(AC含)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://finatennis.blog36.fc2.com/tb.php/1112-35f19378

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |